見出し画像

京都に「泊まる」人に渡す個性派宿メモ

別に京都ツウでもなんでもないんですが、ひとまず私が行って良かったところをさーっとまとめておきます。(じきに丁寧に書き下ろす予定)

<個性派ホステル3選>

▼ザ・ミレニアルズキョウト/The Millennials kyoto(ホステル)

「ベッド以外は共用スペースで過ごす」というコンセプトで、この共用スペースのおしゃれさがたまらない。京都のホステルの中でも立地と眺望がピカイチ。ベッドスペースをポッドと呼び、専用のiPodがフロア入室の鍵になったり、電気の明暗、ベッドの昇降など、色々操作する感じ。スマートデバイスと共に多くを過ごしてきたミレニアルズにいい意味で媚びてて好き。

画像1

画像2

▼アートホステル・クマグスク/art hostel kumagusuku(ホステル)

名前の通り、共用空間はアートに埋め尽くされているホステル。
ホステルだけれど、宿泊スペースはしっかりとしている。ダブルの部屋に宿泊したけれど、ホテルの一室のようで良かった。
徒歩1分の近さに銭湯もある。京都の繁華街からは外れているけれど、ディープな飲み屋がある四条大宮は徒歩圏内。

画像3

画像4

▼マガザンキョウト/magasinn kyoto(ホステル) 

「雑誌に泊まる」がコンセプトの宿。年4回の特集で私が宿泊した時は、「カジカジ」がホテルになった時。
本やら雑貨が所狭しと並べられていて、おもちゃ箱に泊まっているような、高校生男子の部屋に遊びに来たような、不思議な空間で宿泊できます。

もはや、泊まるって寝ることじゃないよね、ってなる。夜どおし遊び倒すも可能なワクワク空間。

画像5

画像6

ネオンサイン、かっこいいよね、なんか好きです。

(わたしがまだ未開拓だけれど今後泊まってみたいと狙っている宿は巻末有料エリアに…)

▼ホステル・ニニルーム/HOSTEL NINIROOM(ホステル)

神宮丸太町に2017年12月にできた、元印刷所のビルをリノベーションしたデザイナーズホステル。

オーナーは2人の姉妹で、彼女たちの「可愛い!好き!」が詰まったお洒落な内装は見所の一つでもある。

画像7

画像8

ここから先は、ホステルの周辺情報と、私が今後泊まりたいと思っている宿のリストをちょこっと紹介しています。(気まぐれに追記の更新があるかもしれません)

The Millennials kyotoからすぐ行ける場所

この続きをみるには

この続き: 2,786文字 / 画像2枚
記事を購入する

京都に「泊まる」人に渡す個性派宿メモ

カナエナカ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ありがとうございます!/ いただいたご厚意は、新しいチャレンジに役立てます!

note、書いたかいがありました。ありがとうございます!
91
反省しかない日々を都合よく忘れながらすごし、美しいモノを眺め溜め息をつくのが趣味。 写真/いけばな/うつわ/人の活きる建築がすき Instagram:https://Instagram.com/shojiro.nkym ✉️ shojiro.nkym[at]gmail.com

この記事が入っているマガジン

お気に入り
お気に入り
  • 179本

noteに投稿されているいろんな方のマガジンの中で、自分の中でまた読みたい!と思ったものをこちらに登録させていただいております。マガジンへの登録に不都合がある場合は、お知らせいただければ外します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。