見出し画像

英語学習で隙間時間を活用するなら、えいご漬けアプリ「MOKA」がしっくりきた。1日1分でも充分満足

隙間時間にできるものを探していたときに、手頃に始められて隙間時間の活用にはちょうどいい英語アプリに出会った。

話すための練習を基本としているのでシャドーイング機能があり、会話を真似して聞こえた通りに口に出すことでスピーキングとヒアリングが鍛えられる。世界放浪の旅に出ていたとは言え、英語力は乏しい。でも英語を学ぶならシャドーイングが効果的だと勝手な思い込みがありお試し期間の7日間を経て有料課金した。まずは1ヶ月だけで月490円。

1つのダイアログが短いので合間に出来て1分くらいでも声に出しながら学ぶので時間が長く感じられる。またシャドーイングしている時の自分の声も自動で録音されるし何より日常会話をベースにしているから実践でも大いに役立ちそうな内容になっている。会話するときになりきることでセンテンスのどこで区切ってどこを強調するのかが学べるのは非常にありがたい。テンポやリズムを真似して喋るのは意外にも難しい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
夢中、熱狂、没頭できるものを探して日々を暮らす。知らないだけで損する情報格差社会に立ち向かうため、気になることは情報収集してやってみるを実験中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。