見出し画像

サントリーのデジタル運用戦略について考察してみた。

今回は、大手飲料メーカー・サントリー株式会社のデジタルマーケティング戦略について考察してみました。
 
年商1,380億円で飲料メーカーとして国内最大の売上を誇るサントリー。

その規模の大きさにかまけず、マスメディアは勿論ソーシャルやデジタルも戦略的に駆使されているのはとても有名な話です。
 
経緯は2014年にコンビニエンスストアの経営出身でデータマーケティングに精通した新浪剛士氏が新代表に就任したのが大きいと言われています。

それにより2017年にはデジタルマーケティング本部が子会社の中に開設されました。
 
デジタルマーケティング本部では、デジタルに共通するスキルのほか、SNS運用など個々業務に応じた専門スキルを学ぶ社内教育が行われています。
 
このように広告やPR業務を自前で行い、ナレッジをためていくことでユーザーとのオンライン&オフライン両軸を活かしたマーケティングにフルで活かしているのが素晴らしいと以前から感じていました。
 
その中でもInstagramの運用とWEBサイト上でユーザーを巻き込むデジタル戦略がひときわ秀逸だったので解説していきたいと思います。

◾️サントリー公式https://instagram.com/suntory_jp?igshid=1tdavuebglq9v

①キャンペーン企画

画像1

SNS運用においてフォロワーを増やす施策として効果を発揮するいいね&フォローキャンペーンですが、サントリーは積極的に取り組みます。

上記は、人気商品のサントリークラフトBOSSですがシーズン毎に衣替えをするというのが特徴です。

画像8

また、Rili[リリ](https://instagram.com/rili.tokyo?igshid=cfxfaufm7yjp)という他社が運営するファッション系の公式アカウントとも共同でコラボキャンペーンなどを打っているのがわかります。

SNS上でも企業同士でコラボキャンペーンを行うことで自社がリーチできていない他社アカウントのファンに対してリーチができます。

よくYoutuberも他のyoutuberと共演することで自分がリーチできていないユーザーにリーチを狙うという戦略が取られます。

コラボキャンペーンを企業同士で積極的に行っていき、ファンを開拓し続けるのがアカウント運用として見習いたいポイントです。

 

②#デコルシェ

画像2


サントリーの商品でLEJAY(ルジェ)という商品があります。

ルジェは、170年以上続く、フランス・ブルゴーニュ地方の風味豊かなプレミアムリフルーツリキュールです。

 サントリーは、ルジェを飲料としてだけではなくジェラートなどにかけてスイーツを楽しめるレシピを作り、ユーザー間でルジェを使用した投稿を共有するという価値観を作りました。

そこで行ったのがオリジナルハッシュタグである#デコルジェという造語です。

飲む以外でルジェの活用法をユーザーにアイデア出しを促す。

共感したユーザーが自然多発的に自社の商品の口コミを広げているという起点を作っているのが素晴らしいです。

画像3


 ③フィード投稿による活発なユーザーとのコミュニケーション

何よりサントリーの公式アカウントはフィード投稿の活用が素晴らしいです。

それぞれ見ていきましょう。

パターン1→アンケート投稿

画像6

画像4

 パターン2→写真募集投稿

画像6

パターン3→レシピ共有投稿

画像7

全ての投稿を見ても異なる形でユーザーを巻き込んでいるのがわかります。

多い時だと1投稿で1,000件のコメントがユーザーから寄せられている時もあります。

こういったフィード投稿でユーザーへの参加を工夫し続けることによって新商品や新しい試みに対してユーザーの温度感を知ったり、投稿する写真(クリエイティブ)を担保し、アカウントのエンゲージメント(発信に対するユーザーからの反応やアクション)を活性化させることが可能です。

企業として一方的な発信をする訳でなくあくまでユーザーを巻き込みながらコンテンツも増やし続ける。

まるでユーザーと共創しているかのようなアカウント運用が模範的だといえます。


 最後に


いかがだったでしょうか?
 
サントリーの公式Instagramは、
あくまでSNSはコミュニケーションインフラであり、ユーザーとの対話を生む場所という姿勢が感じて取れます。
 
企業アカウントも、個人アカウントもアカウントの規模が大きくなればなるほど選択肢も
大きく増えていくのは運用の醍醐味です。

サントリーのアカウント運用、今後も要注目ですね。
 
最後までご覧いただきありがとうございました!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
7
上場企業から中小まで幅広くSNS運用支援してます。フォローすればビジネスのためのインスタ運用が理解出来るnoteを目指しています。運用支援3か月で20万フォロワー獲得/運用3ヶ月で月1000万インプレッション獲得/ゼロから立ち上げ2週間で1万フォロワー獲得

この記事が入っているマガジン

インスタ運用が出来るようになる


マガジン
インスタ運用が出来るようになる マガジン
  • 25本

【自分でできる】インスタグラム運用の方法や機能についての解説記事をまとめます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。