サガフロ2というゲームとすきなところ

クソゲー Advent Calendar 2015への文章です。


さて。

私の中高生時代は、親兄弟からはオタクといわれ蔑まれてきたわけでして。

どういうオタクだったかというと、もちろんマンガなんかもたしなんでいたんだけども、一番心を捉えられていたのはコンシューマRPG。

剣と魔法のファンタジーとめくるめく冒険、壮大なストーリーと人間関係、そしてちょっぴり恋愛要素なんがあって、日ごとに色んなタイトルに冒険に行ったもんです。

クソゲー Advent Calendar 2015を参加するにあたって、ふと思いついたのが「サガフロ2」(サガ フロンティア2)というゲームでした。
私にとって青春の多くを捧げたゲームでありながら、ライトなゲームユーザのみならずサガファンからも批判の対象となってしまうこともある、このゲームについて、少し語らせていただきたいと思います。

サガフロ2がクソゲーと言われる訳の考察

・システムが難解過ぎる
バトルには、パーティ戦・一騎打ち、連携というシステムもあり、物理・魔法に関してもそれぞれレベルがあったり、合成術があったり。急にコンバットがはじまったり。
シナリオに関しては、一応歴史を追っていくのですが、フリーシナリオ部分で自由に飛ばせるストーリーもあるので訳がわからなくなってしまいます。
資料(アルティマニア)等があれば大分やりやすいのですが、それでも敷居が高いのです。

・キャラが急にいなくなる
前述のとおり、歴史を追っていくゲームであるがゆえに、年代過ごすとキャラクターがいなくなります。
死が描かれるキャラクターもいますが、ほどんどは何も言わずに出てこなくなるのです…。
気に入って育てていても全体を通して使えるわけではありません。喪失感が半端ないです。

話がよくわからなくなる
大まかな2本の話の流れがあるのですが、ゆるやかに歴史を進めながら様々なキャラクターに付随する話を選択してゲームを進めます。
視点は変わるし、順序も決まっていないし、色んな所に出てくるキャラもいたりして、頭がこんがらがります。

・バトルが難しい
これもまた前述のとおり、複雑なシステムのためバトルの難易度は高めだと思います。更にラスボスはクソむつかしい。
ラストのコンバットは難しい上に運要素が絡むし、ラストバトルは弱体化しても強すぎる。強い連携持ってても強すぎる。
クリアできない・・・好きなのに・・・

それでも好きなところ

キャラクターが最高
キャラクターが軒並み魅力的。とっても人間的で立場も違う様々なキャラがいます。悪いやつはマジ悪いし、真面目なやつはまじ真面目。
きっとお気に入りのキャラがいると思います。
小林智美さんの設定画像もすてきだし、画面上の3等身キャラもじかわいい。

私はウィル編の初期パーティがだいすき。ギュス様まじかっこいい。
この人達が作った歴史の流れがどうなっていくんだろうって、すごく興味をひかれ、ハマりゲームを進めたものです。

・音楽が素敵
サガフロ2の音楽は数パターンのみで、それの変奏曲で構成されています。曲自体はたくさんありますから、本当に凄いですよね。
同じ曲を繰り替えすことで歴史を感じさせるところがにくいです。
話自体に一体感がでてきますよね。頭のなかでも未だにリピートします。

・グラフィックが至高
当時からのスクウェアゲームにしては珍しく、前編水彩画風の背景になっております。これ、手描きだそうで、この完成度をみるだけでもほーってなるし、
その上をキャラで走り回れるなんて、もう嬉しくて死にそうです。

・世界観最高
歴史の流れを見ていると大河ドラマをみているよう。大きな流れが交錯するのもいいですよね。
中世ヨーロッパ風の世界なのも個人的には大好きですし、大きな歴史には逆らえない感も大好き。その中でもがんばる庶民も大好き。はぁすき。


このゲーム人を選ぶゲームだと思いますので、無理に勧めはしないです。
世界観が気に入ったようであれば、小説や設定資料集を読むだけでも楽しいですよ。

1999年発売のゲームなので16年前のゲーム…もうそんなにですか。
思い出したので、またはじめてみようかな。今度こそクリアできますように!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

個性的な3人の子との生活に奮闘しています。サポートいただけましたら、子ども達との生活を充実させるための何かに変えたいです。

1
web制作者で3回目の育休中。個性的な3人の女の子たちとの生活に奮闘しています。 もう、やるしかない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。