短句(七七)

70

短句即詠  9月18日

秋が怖くて殻を割れない 本音を残す封筒の裏 釣瓶落としも連休の顔

短句近作  萎えた

萎えた  本間かもせり 留め金だけが生き延びていた 萎えた鰹に振り向くな、秋 缶コーヒー…

短句即詠  2020・9・13

12ボルトで動く休日 歯が痛いのに大地讃頌 まず名を名乗るドライブスルー 暑さ寒さも絵に…

短句即詠  空き瓶

空き瓶  本間かもせり 列の最後に南風吹く あとは星でも探す空き瓶 かける言葉が見つから…

短句即詠  底抜け

底抜け  本間かもせり 夏の終わりに歯が欠けている 耳をふさいで過去を味わう 歯医者に行…

短句(七七) 四三止めの句

立食い蕎麦をしゃがんで喰う子 日が暮れること知らない砂場 予定を入れた土曜は吹雪 未読溢…

短句近作  尻

尻  本間かもせり 人差し指に愚痴がかがやく 元素記号の派閥争い 流星なんて葱に陰謀 闇…

短句連作「光速」

光速  本間かもせり 目も合わせない月と木星 地軸の先を淋しいという 不意に加害者となる…

短句近作「二十五ページ」

二十五ページ  本間かもせり 臥薪嘗胆まるで割り箸 イヤな電話は始祖鳥の声 思春期なんて…

ボツ句まつり '20夏

川柳雑誌「風」117号 十四字詩風鐸抄ボツ句から  皆生きたくて虚無僧になる 月にこぼすも…