見出し画像

04/04 現実的な着地点

理想を考えるのはいいけど、燃料補給が必要ならば着地を考えないと。

特にこれ!というものが見えない状況下において理想ばかり追い求めていると、現実に立ち返ったときに燃料切れ起こして挫折なんてことがあったりします。
燃料計の残量も見ておく必要があるし、そもそも着地点をどこにするかを考えたり、補給のタイミングも頭に入れなければただ何となく飛んでいるだけで結果が残せません。

視野を狭めていく

広く浅く見ているよりは、狭く細かく見ていくことに変えていく必要があります。
もちろん狭くする前に当たりをつけておかないと、意味のないところを探し続けることになります。これって鉱山で鉱脈を探すのと似たようなものなのかな?

同じところをボーっと眺めていても何も見つからない

だから目をきょろきょろさせたり、レンズを変えて遠くを眺めたり近くを眺めたり、あるいはフィルターを使って条件を変えてみるとか、何かしらの変化をしていく必要があります。

ペンタクル・クィーンの正位置と逆位置を2日連続で引く

78枚もあるタロットカードで、同じカードを2日連続で、しかも位置が正→逆の順に引くというのはかなり大きな意味がありそうです。
臨機応変にいろいろと対応してきたものの、理想ばかり求める絵を探しているのではやっぱりダメなのかな?そんな暗示。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かもちゃん

日本の鉄道路線と空港に降り立ち、車も使って観光した経験を広めてみたいと思って書いています。 旅行の参考にしたい方の参考になればと思います。

ありがとうございます!
3
52歳で高卒入社した会社を退職。日本全国の全ての鉄道路線と空港を制覇しJALのダイヤモンド会員にも到達。 今は地元浜松市や訪れる起業家さんを取材しつつ相互をつなぐプランを模索中のフリーライターです。 https://kamochan058165.net/