但馬空港・小松空港 修行ルート①
見出し画像

但馬空港・小松空港 修行ルート①

 「…JALグローバル会員の方は優先搭乗を実施しています。」というアナウンスを耳にしたことがあると思います。

ざっくり言うと、1月から12月の間に JALグループの飛行機に50回乗ると初めて会員になる権利を得ることができます。

一度取得すれば、年会費を払うことで永久的に会員を維持することができ、優先搭乗や、専用の手荷物カウンターを使えるといったメリットなどを享受することができるので、それを叶えるべく、飛行機に乗り続け、例えば羽田から大阪に向かい、着いたらそのまま折り返しの便に乗るという『修行』を行っている方も見られるようです。

当然、ごく運賃は安いに越したことがないので、距離が短い区間を狙うことになります。その中で最適区間と言われているのが、大阪から但馬空港であります。現在私もその修行中でありますが、ルールとして、

着いて、折返しの便には乗らない。

を心がけています。当然時間もかかりますし、滞在中の費用もかかるのですが、観光した方が良いだろうという自分の考えに基づいています。

画像7

定刻より少し遅れて、飛行機に乗ります。このATRという機材は、見てわかるとおり搭乗口が機体の後になります。

画像7

修行僧の方も多いせいか、意外と就航率は上々です。飛行時間は約40分になります。

画像7

この日は離陸した後海側へ出て行きます。

画像7

ほどなくして左奥に神戸空港、右側に神戸の街並みが見えてきます。
行きは進行方向左側がおススメです。
帰りはルートが大きく変わるので見る事が出来ません。

画像7

北に進路を向ければ、ほどなく着陸のアナウンスが流れ、但馬空港に到着します。結構太平洋側の晴れと、日本海側の雪の変化が一気にくるので、上空からもその変化が楽しめます。新幹線でいうと、名古屋を出ると曇ってきて、関ヶ原は雪景色というパターンですね。

画像7

高台にあるので、展望台からの眺めも良いです。
1日2便、伊丹との往復のみなので、それ以外の時間はスカイダイビング用に使われたりしています。

画像7

駐機場からタラップを降りて徒歩でターミナルに入るというローカル空港の雰囲気がよく出ています。

この後、空港から豊岡駅を経由して城崎温泉を結ぶバスに乗ります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かもちゃん

日本の鉄道路線と空港に降り立ち、車も使って観光した経験を広めてみたいと思って書いています。 旅行の参考にしたい方の参考になればと思います。

ありがとうございます!
52歳で高卒入社した会社を退職。日本全国の全ての鉄道路線と空港を制覇しJALのダイヤモンド会員にも到達。 今は地元浜松市や訪れる起業家さんを取材しつつ相互をつなぐプランを模索中のフリーライターです。 https://kamochan058165.net/