見出し画像

音声UIについて考えてみた

先日、Noteの記事にて音声UIを将来的にやりたいということを書きました。

このNoteでは、その『音声UI』について詳しく僕の考えを書いていこうと思います。

人類は発展を選択し、戻ることも、止めることもできない

これは言うまでもないかもしれませんし、少し枠組みの大きな話なりますが、僕個人としては重要な事実だと考えているので、一応書いておこうと思います。

私たちは時の流れる今を生きています。

そして時代を生きています。

人類は人類が関わってきた多くの分野において、発展という道を選択しました。

発展は富を生み、それを享受した人類はもうただの生物ではなくなってしまいました。

もうあとには戻れないのです。

そしてその変化を止めることも出来ないのです。

コンピュータとの関わり方は時代によって変化する

さて、コンピュータの話に戻りましょう。

私たちは今まで時代が変わるたびに、コンピュータとの関わり方を変化させてきました。

物理的な意味であれば、キーボード→タッチパッドというようにです。

それはつまり、次なるコンピュータとの関わり方も存在するということを意味しています。

僕はその次なるコンピュータとの関わりが、音声や言葉にあると考えています。

音声や言葉が意味するもの

よく映画などでコンピュータと言葉を交わし、会話するシーンを見かけると思います。

そうした場面を見るたび、近未来を想像します。

ではなぜ音声や言葉なのでしょうか?

僕はその理由が人間の特色にあると考えています。

人は言葉や音を操ることによって、生物学的にも文化的にも発展してきた過去を持っています。

言葉は言葉にできないような奥深さと複雑さを持ち合わせているのです。

この言葉にできない感情などはキーボードやタッチパッドでは、表現することができません。

しかし、音声によるコンピュータとの会話が可能になれば、その複雑な心理や心情を紐解いてくれるかもしれません。

またそれだけではなく、既存のコンピュータではできなかったような複雑なことも行えるかもしれません。

より簡単に。

既存のOSではなく新しいOSが必要

これまで説明したことを実現させるためには、根本的な変化が必要になります。

そのためには、既存のものではなく、全くゼロから創っていく必要があるのです。

現在日常的に使われているものの多くは、それらを利用するために最適に作られたものがほとんどです。

つまり、音声や言葉によるコンピュータとのコミュニケーションをするためには、それを前提としたシステムが必要になるのです。

根本的には人間のあり方を考えていく必要がある

ここまで長々と音声UIについて説明をしてきました。

今までのことを踏まえて、根本的に必要だと思われることを最後に書いていきたいと思います。

iPhoneを想像してみてください。

Appleはただのコンピュータを作った訳ではありません。

人々のライフスタイルのあり方を根本的に変えたのです。

コンピュータの現代社会におけるインパクトを考えるならば、そうしたことも可能だということです。

音声UIは、iPhoneのように人のあり方、すなわちライフスタイルを根底から変えてしまうポテンシャルを、持っているのです。

だから僕らは、コンピュータを通じて人々が何をしたいのか?なぜ必要なのか?から考えていかなければいけないのです。

人がコンピュータに縛られるのではなく、人の人生をもっと素晴らしいものにするために、プロダクトを設計すべきなのです。

最後に

最初の話に戻りますが、我々は今を生きています。

しかし、コンピュータの発展により、自分を見失ってしまうことも多々あるように感じます。

そうした現状を見直すためにも、ただのプロダクトを創るのではなく、人のライフスタイル、又は生き方を人間のあるべき姿にするために、プロダクトを創っていきたいです。

今回は僕の個人的に考えている『音声UI』について書いてみました。

まだまだ知らないことが多くあるので、同じようなことを考えている方などは一度話をお聞かせください。

そういった研究をしている方など、大学関係の方ともぜひお話ししてみたいです。

未来のために。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをよろしくお願いします! あなたの少しの気持ちを形に!(=´∀`)

ありがとぉぉぉ!!!
2
Software Engineer. 高校卒業後、都内ベンチャー企業やスタートアップでインターンをしていました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。