上貴 宏/脚本家•ドラマライター
このドラマ観る⁉︎ 『ねこ物件』(KBS)の第1話を語る男
見出し画像

このドラマ観る⁉︎ 『ねこ物件』(KBS)の第1話を語る男

上貴 宏/脚本家•ドラマライター

こんにちは。時間が経ってしまいましたが、投稿し忘れで下書きに残っていたこちらの作品についてです。

ねこ物件』KBS 木曜23:00〜
監督:綾部真弥、田口桂
出演:古川雄輝ほか


3行あらすじ

*二星優斗は祖父を亡くし、家族は2匹の猫だけに
*生活費のため持ち家を改築しシェアハウスに
*入居の条件は猫たちが許すかどうか

ここが良かった!

猫との距離感

春斗を演じる古川雄輝さんの猫の扱いに愛を感じた。でも、決して猫可愛がり(字のごとく)するのではなく、猫にとって心地よい距離感。猫の撮り方から、製作陣のネコ愛が伝わった

ここがイマイチ…

かなり切羽詰まってるはずだけど…

幼い頃に両親を、さらに本編冒頭で祖父を亡くし、天涯孤独になってしまった春斗。(猫除く)
春斗は働いたことがなく、相続税を払わないといけないので金がない。そこで「働きません」と即断できるのは土地持ちの余裕なのか……。結局、シェアハウスを始めることにして物語が進む。

まあでも、この辺りは話が進むにつれ、春斗も一歩を踏み出すことになるというストーリーなんだろう。きっと、多分。

この人に注目!

四つ葉不動産・広瀬有美 役の長井短さんです。
個人的には舞台の人なんですが、ドラマにも端役よく出演しています。今作では無気力な春斗に喝を入れ、シェアハウス経営に協力する良きお姉さん的存在。また同クールの『汝の子』では薬物常用者でボロボロになった女を演じているなど、そのギャップにも注目。

結論:第2話観る?

この作品、私は……

観ません!

すみません。入居者のキャラクターにあまり魅力を感じず、猫と築いていく関係性にあまり期待ご持てませんでした。いっそもっと閉鎖的でもよかったのかも。

では、

(ウチにも猫がいます。

春先、コタツ撤去に伴い抗議のデモ活動)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
上貴 宏/脚本家•ドラマライター
舞台・映像作品の脚本を書いています。 ここでは観た、聴いた、感じたことなどを。 Twitter▶︎@kami_hiro_404 お問い合わせ▶︎kami.hiro404@gmail.com 言葉で食べていきたい。 フォローその他諸々歓迎です。 お仕事依頼さらに大歓迎です。