2021千葉県公立高校受験ガイド
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021千葉県公立高校受験ガイド

 そもそも理想の志望校というものは見つかるのでしょうか。

 結論から言うと、それはかなり難しいと考えています。

 というのも、公立高校は「普通科」が多く、表面上は「普通」だからです。普通に勉強して、普通に進学することが多いんですね。

 実際どうなのかは、通ってみないとわかりません。「楽しそう」と思って入っても、自分達が入学するときには、メンバーが卒業と入学で変わります。その楽しさが持続するかはわからないのです。

 しかもコロナウイルスの影響で学校の行事も減少傾向にありますから、より高校間の違いは少なくなってきています。

 ですから理想の高校はないかと探し続けても出口がないのです。


 ではどうやって志望校を多くの受験生は決めるのでしょうか。

 おそらく、自分の学力に見合った相応校の中から決めていくはずです。


 2021年度入試から試験制度が変更し一発入試となりました。これにより安全志向がこれまで以上に強くなるはずですから、多くの受験生が相応校の中から決めていくことになるのでしょう。

 そう考えると、何をすべきかはわかりますよね。

 相応校を増やせるように勉強することです。理想の志望校を探して悩んでいる時間はもったいないんです。悩んでいる間に相応校から外れてしまいます。

 このように受験生は、とにかく勉強して欲しいのですが、とはいえオススメの高校はないのか?というところが聞きたいところだと思います。これに関しては、なかなかググっても出てきません。

 個人的な感想のレベルではなく、データに基づいて分析しているものは検索しても出てきません。そんな手間のかかることは誰もやらないことだからです。

 というわけで、この受験ガイドではそんな手間のかかる作業をやってみました。入試の倍率、入試の得点、選抜方法、高校入学後の進路データをもとに、学力別にオススメの進路を探してみたのです。とくに将来的に大学進学を意識している受験生には参考になると思います。

 ただ、ブログで公開にしてしまうと、倍率に影響が出ても困るので、購読者限定記事としました。ご了承ください。



受験ガイド目次

目次ごとの解説

(1)入試一本化倍率について

今年動きのあった1学区~4学区の高校をピックアップして、なぜ変動があったのかを考えてみました。動画で解説しています。

(2)2021得点調査について

2021年得点調査の約200人の得点調査の分析で見えてきた、学力層別に合否を分ける学習のポイントをまとめてみました。動画で解説しています。

(3)学区ごとの選抜基準比較

1~4学区ごとに一覧表にして選抜方法を比べています。また選抜方法の変化があったところもピックアップして書いています。

(4)データでみる公立高校の進路まとめ

1~4学区の2番手以降の主要高校の進路状況をまとめました。人気先行の公立高校、穴場の公立高校などピックアップして書いています。

(5)かまなび式新進路まとめ

学力層別にオススメの進路を示しています。

(6)高校受験Q&A

よくある質問についてかまなび代表の小倉が答えます。





この続きをみるには

この続き: 8,824文字 / 画像42枚

2021千葉県公立高校受験ガイド

かまなびマガジン

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かまなびマガジン

塾に通っていない生徒、塾に通っていても頼りにならないところに通っている生徒達が受験で不利にならないよう発信活動しています!あなたのサポートが支えです!

スキありがとうございます!日々研究していきます!
学習塾かまなびの受験情報マガジンです。ブログに掲載されていない情報も盛り込んでいます。全国の高校入試問題を分析して出題予想していきます。