謝鼻杯使用構築〜日英混血どんぐり天狗〜

はじめまして。カルミアと申します。今回あほろん主催の謝鼻杯という大会に運営兼対戦参加という形で参加させてもらいました。


大会ルール

https://t.co/WU8XWZcewI?amp=1

このブログを読んでください。


それでは早速型紹介です。

タネボー@固い意志

爆発要員その1。謝鼻杯において最大の権力者である謝花めいさんは固い意志を持ってイラストを描いておられるのでそれをリスペクトしてかたいいしを持たせた。NNは「天狗になちゃたね」という伝説のセリフから取った。王冠を使用するためにレベル100にさせられたため一生天狗になれない悲しい子。


コノハナ@せんせいのつめ

爆発要員その2。謝花めいにはめいガールと呼ばれる熱狂的な自称ガールのファンが多数存在する。そんな彼女らをモデルにしたのがこのコノハナである。謝花めいは絵師であるため先生と呼ばれることもある。このコノハナはどこからか入手してきた謝花めいの爪、通称先生の爪を持っている。2回戦のVSべすらいむ、エキシビションマッチでのVSあほろんの時にせんせいのつめが発動し裏のダーテングの持ち物がせんせいのつめでは無いことがバレてしまった。

ダーテング@ゴツゴツメット

1on1要員。イラストが伸びるようになり天狗になってきた謝花めい本人がモデル。性別が♀なのは色厳選してた都合なので文句言わないで。NNのてんさいが「天才」なのか「天災」なのかは諸説ある。夢色6Vの神個体。真面目に個体紹介すると努力値はAS252D4。相手が初手に使ってくる技は猫騙しor守るの2択であると考えたのでその2パターンに対して初手からアドが取れる形を目指した。相手が初手守るだった場合は身代わり→ローキック→シザークロスで勝ち。相手が初手猫騙しだった場合は接触によるゴツメダメージ+上から(同速の可能性もある)のシザークロスで勝てるという形にした。スカーフ型は環境トップメタが予想される襷に勝てないため環境にいないと考え切った。また、耐久型のダーテングは耐久調整が崩れるのを嫌い、初手に守るを確実に押してくると考えていた。結果としてはトーナメント初戦は守るに身代わりを合わせるルートで勝てたが、2回戦は猫騙し→同速負けのルートで負けてしまった。2回戦負けという結果ではあるがそれなりに全対応が狙える型だったとは思う。エキシビションマッチの時のあほろんくんの型(守るを切った形の耐久型)は考慮外だったので完敗でした。


あとがき
というわけでトーナメント2回戦敗退というなんとも不甲斐ない結果に終わってしまいました。大会を全力でネタにするために死ぬ気で国際孵化をして3体全てを色違いにしたのにこの結果は正直悔しいです。しかも僕光るお守り持ってないですからね。まあこの手のルールは同速ゲーになりやすいので仕方ないです(べすらいむのダーテングは僕が厳選してたのでS個体値を下げればよかったと後悔)。
















第二回大会があったとしても国際孵化はやりません。あんな苦行はもう懲り懲りです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。