2019.11月おすすめ公演

道民なので、よく札幌に観劇に行きます。

ちなみに前回の記事の『虹のかけら ~もうひとりのジュディ』に関しては札幌以外での公演をあったことを知らず札幌に向かいましたが、本当は中士別とかの方が近かったです。

今気になってる公演(シリーズ化したい)

プロト・パスプア様の公演です。

こちらの劇団に関しては、第1回公演をたまたま拝見しまして

札幌ではなかなかいないタイプの劇団さんだなと感じ、今のところ4回目以外すべて拝見しております。


演劇って時代や地域によって色々変わっていくなと思うんです。

私が見始めたおよそ10年前くらいの札幌の演劇は

ファンタジー系尚且つハッピーエンド系が多かったような気がします。

と言いましても、10年前まだ演劇見始めの私は学生だったのでたくさんの公演を網羅してるわけではないのですが・・・。

現実にちょっと遠い感覚の物語をよく見ていた覚えがありますね。

いまだに札幌ではハッピーエンドな明るいお話は多いですね。

ここ最近はやはりコメディが多くなってきている印象もあります。

そんな中、たまたま見たプロト・パスプア様なのですが

物語の中、雰囲気、ちょっとダークな印象を持ちました。

ものすごい暗いとか、残酷とかそういうこと以外の雰囲気。

札幌では独特の空気感を放っていると思います。

しかし、これが正に演劇の醍醐味だとも私は思うんです。

はっきりと、キャラクターの印象や思考が見える訳でもなく、観る人によって感覚が変わるのではないかという表現は札幌ではあまりないと私は思っています。

そして、それは新たな札幌演劇シーンの第一歩ではないのかと感じています。

東京なんかではもっともっとダークなアングラ的なたくさんのお芝居はあると思うのですがね。

札幌の演劇を観る方々は、おそらく明るい目のお話を好むのではないか?今までがそういうお芝居が多かったので、あまり暗いイメージは求めないのではないか?

そういった暗いだけで終わらせられない何かがこの劇団にはあると思います。

11月29日から12月8日まで【プロト・パスプア#05『遮光』】

ぜひ観に行こうと思っています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
演劇。舞台。好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。