見出し画像

Youtuberは「自分を発信している」のではなく、「自分を編集している」のだとおもう。

Youtubeのおもしろいところは、発信している人たちが自分たちのことを自分で編集しているところだとおもう。

なにか発信したいことがある。例えば、だいすきなラーメンについて発信したいとする。ラーメン屋さんに行ってラーメンを注文する。あるいはコンビニで買ってきたカップラーメンや即席ラーメンを自宅で作って、食べる。そういった様子を、Youtubeは撮影する。Youtuberの仕事って撮影して出演することだけのように見えるけれど、たぶんいちばんたいせつな仕事はそのあとで、自分が出演している動画を自分で編集する作業だ。

Youtubeを見ていると、ちょっと恥ずかしくなる瞬間がある。それは、その人たちは「周りの人にどう見られたいか」、つまり「その人たちがどういう人間でありたいのか」という生々しい情報が目に入ってくるから。それってものすごく新鮮な情報だ。Youtuberは「お手軽に発信する職業」だと思っていたのだけど、いまはYoutuberとは「お手軽に編集する職業」なんじゃないか、っておもう。自分をどうやって見せたいか、それをどうやって編集を通して視聴者に見てもらうか。

テレビタレントの場合は、確かにテレビに映りはすれど、編集するのは編集者さんたちだよね。タレント自身が「ここの尺はカットしてください」とか「ここはこういうBGM付けたいです」と注文をつけることはできない。テレビに映るところまでが仕事で、ある意味ではその先のもっとも重要な「どうやって見せるか、編集するか」という仕事はやらない。

わたしが思うに、この編集作業をやらないというのは、これからの時代ものすごくもったいないのではないかとおもう。だれもが自分のことを編集する時代、編集したうえで発信する時代がもう近づいてきているし、すでに現実となってあらわれ始めている。Youtuberという職業に未来を感じるのは、その編集力の高さなのかもしれないなとおもった。

あなたのnoteも読みたいです。
56
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。