見出し画像

SCAJ2019に行ってきました

初めてSCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション 2019に行ってきました。一般の方も参加できるのが良いですね。参加費は当日で1500円。事前に参加登録しておくと1000円。
色々なコーヒーが試飲できるのでお得感あり。

以降の画像は許可を得て撮影させていただいております。

画像1

タイ産豆10種類のテイスティング。タイでは自国内で生産できる量以上にコーヒー消費が多いので、基本的には国内消費に回され、海外には輸出されていないが、スペシャリティはその外とのこと。

画像2

計量機器達。奥は豆の水分量計測Robin。真ん中は濃度検査Rosetta。右はローストカラー測定RoAmi。いずれも高価だが欲しい。

画像3

iDrip
バリスタチャンピオンの味を再現するコーヒーメーカー。豆の入った各パックにバーコードが付いていて、淹れ方等を再現するプログラムが各豆に応じて各バリスタの味を再現する。IT化の波がコーヒーの淹れ方にも!
お湯を指す口が円で移動し、回しやお湯の注入スピードを再現していた。

画像4

パウダーコントロール各種

画像5

BARISTA&CO
ブリューイットスティック 豆を入れてお湯の中で振ってから4分間待つと出来上がり。コーヒープレスみたい。

画像6

TWIST PRESS エアロプレスのようなもの。12月発売予定とのこと。
使ってみたい!

画像7

ハンドエスプレッソ 電気が無くても飲める。キャンプに最適とのこと。

画像8

Panasonic The Roast 全自動自宅焙煎機
毎月豆購入版だと10万。焙煎時間をマニュアル設定できる版は25万。
iPad, iPhone版アプリがあり、Bluetoothで接続。煙が出ないので部屋で使用できるのが嬉しい。欲しいなー。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
主にコーヒー抽出ログを後で参考にするために残しています。 淹れ方:コーヒープレス、エアロプレス

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。