ワイのサイト遍歴【ゲームサイト/ブログの場合】
見出し画像

ワイのサイト遍歴【ゲームサイト/ブログの場合】

Kakihey

今年の11月7日で、運営しているKakihey.comが7周年を迎えます。

新たに生まれては消えていくサイト/ブログ界隈において、7年はそこそこ長く運営している方だとは思いますが、自分が愛読しているサイトはどれも10年以上運営されているので、まだまだ新米だなとも思います

今回、サイト遍歴なるものを書くきっかけとなったのは、私がウォッチしているサイト界隈でサイト遍歴を語っている方がいて、それに触発された形です。

「ワイのサイト遍歴なんて誰も興味ないだろ」と思っていたのですが、"気になる"という方がいたので、これは良い機会と、書いてみることにしました。

ワイのサイト遍歴

実は「Kakihey.com」を開設する前に何度もブログを作っては壊しています。

古くは「Yahoo!ブログ」から始まり、「FC2ブログ」「忍者ブログ(ライブドアブログだったかも)」などでブログを作り、何度も壊して来ました。

今は妥協できるようになりましたが、以前は完璧主義っぽいところがあり、気に入らないところがあれば、すべて消してリセットしたくなるクセがありました。

余談ですが、以前は"ブログと言えばFC2ブログ"みたいな時期があり、自分の周りも「FC2ブログ」でブログを開設していた人が大半でしたね(歴史修正の可能性あり)。

その後、「はてなブログ」で「Kakihey.com」の前身となるブログを開設したのですが、色々な偶然(運)が重ねってアクセス数が意外と集まり、それが面白くて継続的に更新していくようになり、気が付けば「Kakihey.com」になっていました。

「Kakihey.com」は、今ではレビュー記事中心ですが、当初はプレイ日記も高頻度で公開していましたし、海外のゲームニュース記事も同じく紹介しており、ゲームメディアをごちゃまぜにしたようなサイトでした。

その後、数多の検索エンジンのアップデートを経て、少しずつテーマに特化した、出来るだけ無駄を省いたサイトになってゆき、今の形に収まりました。

ちなみに、検索エンジンのアップデートに関して書いておくと、初めて"被弾"した時は心臓がバクバクしましたね笑。2018年6月頃だったと思うのですが、初めて被弾し、一日のアクセス数が半分近くになりました。

今まで積み重ねて来たものが一瞬でガタッと崩れ落ちるのは、なかなか心臓にも精神的にも来るものがあり、その日はずっとアナリティクスを眺めていました。あの苦しさは経験した人じゃないと分からないと思います。

ただ、今思い返してみるとあの当時の記事は本当に質が低かったので、今までが過大評価されていただけで、それが本来あるべき順位まで落とされただけなのですがね。なかなかヘビーな体験でしたが、被弾したことでサイト全体を見直すきっかけになりました。

この7年間、

・Yahoo!ブログ=>FC2ブログ=>忍者ブログ=>はてなブログ
・被弾=>ごちゃまぜサイトからより特化したサイトへ

という流れで来ました。

このように「Kakihey.com」は、いくつものブログサービスを転々とし、何度も作り、壊し、ようやく形になったサイトです。

7年掛かってようやく基礎が出来た感じです。今後の目標としては、マイペースに記事を更新しつつ、サイトを母艦として、他の領域にも展開できたら良いなと思っています。

全てはGAME LIFEに教わった

かつて「GAME LIFE」というゲームサイトがありました。

「GAME LIFE」はPCゲームに軸足を置いた個人サイトで、PCゲームのレビューからHow to、ニュース記事まで、とても個人とは思えない量のコンテンツを揃えたサイトでした。

ある時期のPCゲーマーなら、一度は訪れたことがあるのでは?と思うくらい、有名なサイトだったと思います。2chのスレでもよくリンクが張られていました。

自分も「GAME LIFE」の読者で、サイトにある記事はほぼ全て読みましたし、何度も繰り返し読んでいました。毎日、とりあえず「GAME LIFE」をチェックするのが日課でした。

新作ゲームはそこそこに、旧作や名作のレビューもきっちりレビューされていて、PCゲームを遊び始めた自分にとっては情報の宝庫で、欠かせないサイトでした(当時は今のように海外ゲームのニュースもそこまで充実していませんでした)。

で、ずっと「GAME LIFE」を読んでいたら、自分も同じようにサイトを作って、レビュー記事やらHow toやらをアップしたくなって来たんですよね。

この時、「GAME LIFEみたいなサイトを作ってみたい」と思ったのが、私がサイト(やブログ)を始めるきっかけになりました。一番最初にブログを作ったのは、高校生になってすぐくらい(もしかしたら中学生の終わり頃)だったと思います。

「何事も最初はマネから入れ」ということで、見様見真似で自分が遊んだゲームのレビュー記事を書いて、それをブログに公開しました。当然、今でもそうですが、文章力は雲泥の差がありましたが、それっぽく書けて公開できただけでも嬉しかったのを覚えています。

その後も、サイトを作り、壊しをしながらも、自分の中では「GAME LIFE」が"お手本"として常にあり、そこだけはブレずに来ることができました。

それくらい、「GAME LIFE」が好きだったので、今でもレビューの切り口や文章の書き方はその影響がかなり残っていると、自分では思います。文章面以外でも、あるゲームのレビュー記事を書く際は、「GAME LIFE」のように出来るだけ文脈を追って書くようにしていますし、必要ならどんなゲームでも遊ぶようにしています。

(もっと言えば、サイトの背景色や文中の赤字の色なんかも、「GAME LIFE」と全く同じものを使っています)

...

というように、「ワイのサイト遍歴」を語る上で、やっぱり「GAME LIFE」は外せませんでした。他にも(と言うと失礼ですが)、みっちり情報を網羅していく記事の書き方は「PCゲーム道場」、ポップな文章は「FPS UnKnown」を読みまくって覚えました。

ただ、そうした偉大なサイトの中でも、やはり自分の中では「GAME LIFE」が占める割合が大きく、ゲームの見方からゲームサイトを運営する心構えなど、本当に多くのものを勝手に教わりました。

おそらく、「GAME LIFE」に出会わなければゲームサイトを運営することはもちろん、ゲームの感想を残すこともしなかったと思います。

まとめ

「ワイのサイト遍歴」なのに「GAME LIFE」について熱く語るというよく分からない記事になりましたが、これが"ワイ"の"サイト遍歴"になります。

「GAME LIFE」の更新が止まってもうすぐ10年になりますが、未だにあのサイトを超えるゲームサイトは法人も含めて出会えていません。

「GAME LIFE」に1ミリでも近づくことを目標に、「Kakihey.com」は次の5年、10年更新して行こうと思います。

ちなみに、GAME LIFEはWeb Archiveで読めるぞ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kakihey
このnoteではビデオゲームを遊び、感じたことを書いています。今年で7年目を迎える運営サイト「Kakihey.com」では、主に海外ゲームのレビュー記事を公開しています。