奴隷みたいに都合のいい人しか美容クリニックには入職できないのか?
見出し画像

奴隷みたいに都合のいい人しか美容クリニックには入職できないのか?

ぴーなっつ🥜

こんにちは、ぴーなっつです!

ぼくは美容看護師のキャリアを支援しています。

Twitterで情報収集をしていると、エージェントの転職活動攻略系Tweetをよく目にしますよね。

「こんなこと言うと内定見送りになるので注意!」みたいなやつですね。

ぼくも結構そういうTweetします。

こういうTweetを見ると、もしかすると一部のひとはこう思うかも知れません。

「そんなに必死で媚びを売らないと内定もらえないのか。結局企業は都合のいい奴隷がほしいのか」と。

たしかに、必死で媚びを売らないといけないのは、限りなく事実に近いです。そうした方が内定しやすいと言えますね。

でも、都合のいい奴隷がもっともほしい人材かというと、そうではない。

これはきっとどの企業にも共通して言えることですけど、1番ほしい人材は「会社をよりよくしてくれる人」です。

よくすると言うのは、単純に売上かもしれないし、顧客満足度かもしれないし、組織開発とかかもしれないですが、そういう何かしらの手段で会社に利益をもたらしてくれる人です。

そして、もたらしてくれる利益が大きければ大きいほど、「ほしい人材」ってことになります。

そりゃそうだ。って感じしますよね?

で、そんな人材と比べると「奴隷みたいな人」はほしいレベルは低めです。

奴隷みたいになんでも言うことを行く人じゃなくて、指示しなくても勝手にいい方法を考えて会社を引っ張ってってくれる人が、本当は望ましいからですね。

「指示しなくても」ってところがけっこうポイントかもしれません。

でもそんな人材は割合として少ないし、「未経験」とかで採用するなら尚更そこまでのパフォーマンスを期待するのは難しいと判断するのが妥当です。

ってなったときに、セカンドベストとして求められるのが「再現性の高い人」。いわゆる、「都合のいい人」と揶揄される人材です。求められていることを理解して合わせられる人。

教育コストをかけて、少なくとも企業で想定する1人分の利益貢献はしてもらわないと採用する意味がないので、当然っちゃ当然ですよね。

というわけなので、そこに収まるのが嫌な人は単純にもっと人材価値を高めて、もっと抽象度の高い仕事をお願いされるレイヤーになればいいということです。

実際問題、管理職として経験者を雇用してるケースもありますよね。クリニック開業案件の求人とか。

ハイスペ看護師には「奴隷っぽさ」じゃなくもっと別の能力が求められるのでそっちにコミットしていただければと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。それではまた!

ご相談も受け付けてます。

キャリアサポートのご相談、受け付けてます。(月10名まで)美容看護師のキャリアについてお悩みを相談してみたい方や、具体的に求人案件を知りたい方などは公式LINEアカウント、またはTwitterのDMにてご相談ください。(完全無料。初回はオンライン面談。)
「直接相談するのはちょっと緊張する、、」という方は質問箱でご質問いただいてもokです。

●LINEで相談

「頻出質問への模範回答」をご紹介してます。

「なにが正解なのかわからない・・」と悩んでしまうような、面接でよくある質問への具体的な回答例をご紹介してます。(有料)
転職サイトでよく紹介されている「漠然としてて使えない例文」ではなく、実際に面接で使えるレベルまで具体化していて、しかも好印象を得られる回答例を考えました。
ぼくが採用担当として3000人と面接し、100人の看護師のマネジメントをしてきた経験に基づいて「受かるポイント」をおさえた内容になってますので、どうぞ面接対策にお役立てください。

匿名で参加できるトークルーム

美容看護師同士で話せるトークルームを運営してます。(LINEのオープンチャット)
あなたの今の悩みは「自分の一歩先」を経験している方が答えを持っていることも多いので、是非こちらも参加してみてくださいね。
出入り自由。匿名で参加できます。

●オープンチャット「美容クリニックに就職したい看護師」に参加する
●オープンチャット「美容クリニックで働いてる看護師」に参加する
●オープンチャット「新卒で美容クリニックに就職したい看護学生」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれぴーなっつ!
ぴーなっつ🥜
『美容クリニックに就職したい看護師』専門エージェント。 単なる「職業紹介」だけではなく、①キャリア設計のアドバイスと②志望クリニックからの内定確率を高めるサポートをしています。ノートでは、求職者さんからご相談に対する回答や、ご要望いただいたテーマに関する記事を投稿しています。