「できる・できない」の仕分けなんてしてないで、頑張りたいやつは勝手に頑張りなさい。
見出し画像

「できる・できない」の仕分けなんてしてないで、頑張りたいやつは勝手に頑張りなさい。

ぴーなっつ🥜

こんにちは!ぴーなっつです。

ぼくは普段、美容クリニックに転職したい看護師を専門にキャリアサポートをしています。

「"シゴデキ"崇拝は危険」というテーマで数回にわたってお話ししてます。

まだ見てない人は先に第1回からどうぞ↓

内容をざっくり説明すると、Youtubeで見つけた、

「看護師の仕事ができる・できない人とは?~できる人になろう~」

という意識高い系動画があんまりよくないな、と思ったので、別の視点から解釈を加えています。

今回は「よくない」と思った理由その⑤。

それではいってみましょう。

⑤「できる・できない」思想の根本は人種差別と同じ

動画では、一貫して「できる人は尊い。できない人はヤバいやつ」みたいな思想が展開されているんですけど、これに対してぼくはこう思うのです。

「できないことがそんなにダメなことかね?」と。

いや。ぼく自身のマネジメントの経験を踏まえて、もっと明確に言えば「できないこと」自体は別にダメなことじゃないです。

③のとこでも触れたんですけど、「何回もおんなじことを聞てくる人がヤバいんじゃないくて、そのことをヤバいって言っちゃう人がヤバい」って話をしました。

(詳しくは下記参照)

要するに、本質的によくないと思うのは人を「できる・できない」で仕分ける行為だってことですね。

ほんとなら、できる人とかもっと頑張りたい人にはそういう役割を、できない人とか別にできたいとも思ってない人は、そういう人なりの役割があればいいだけなのです。

得意不得意とか好き嫌いで、ひとによってやる仕事を調整すればいいだけなので。

なのに。シゴデキ崇拝系の中の一部の人が「できることが正義」と勝手に言いだすところから始まり、それだけならまだいいんですけど、「デキないことは悪だ」みたいな思想に発展していくのが典型なんですよね。

いやいや。そんなこと言ってないのにな。という感じなんですけど、なぜか社員同士の中そうなっていく。

この話って根本的なところでは、生まれつきの個体差ってもんがあるので、遺伝子に恵まれた人とそうじゃない人を同じ次元で比べる意味ってなんなの?って話になるんですよね。

その観点でいうと「できる・できない」の仕分けってイジメの発想とすごく構造が近いな、とも感じるのです。

あと、そもそもなぜ?誰が?そういうことをするかというと「下方比較」って心理現象が関係してる気がしてて。

自分に自信がない人って、「自分の優位性を証明するために他人を責める」ってことをやりがちなので、そういう理由からも「自分本位」かつ「非生産的」だな、と。

まとめると、「できる・できない」の仕分けなんてしてないで、頑張りたいやつは勝手に頑張れよ。って感じです。

以上、参考になれば幸いです。それでは!

ご相談受け付けてます。

美容看護師のキャリアに関するどんなお悩みにもアドバイスを差し上げてますので、ご希望でしたら公式LINEアカウント、またはTwitterのDMにてご相談ください。(無料。初回はオンライン面談。)

「直接相談するのはちょっと緊張する、、」という方は質問箱でご質問いただいてもokです。

LINEで相談
Twitterで相談
質問箱で相談

また、ぼくの運営するオープンチャットには、あなたと同じように美容クリニックに転職したいと考えている人や、実際に美容クリニックで働いている人がたくさん参加しています。

あなたの今の悩みは「自分の一歩先」を経験している方が答えを持っていることも多いので、是非こちらも参加してみてくださいね。

オープンチャットに参加する

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれぴーなっつ!
ぴーなっつ🥜
『美容クリニックに就職したい看護師』専門エージェント。 単なる「職業紹介」だけではなく、①キャリア設計のアドバイスと②志望クリニックからの内定確率を高めるサポートをしています。ノートでは、求職者さんからご相談に対する回答や、ご要望いただいたテーマに関する記事を投稿しています。