会話とオーダーメイド

様々なオーダーメイドが集まるイベント『会話とオーダーメイド』のnoteです。会話を通じて「あなたから自分にぴったりのものが買えた」「あなたに作ってもらって本当によかった」そんな信頼関係が生まれる場所を目指します。

#あなたからの買い物

「自分に合うのがないな…」と買うことができないでいたあれ。 ふと入ったお店の方の信頼できるアドバイスのおかげで、似合うものが見つかった。 そんな嬉しい経験や、誰かのために作った思い出の品。作ってもらった喜び。 そんな誰かの顔が浮かぶエピソードを集めています。 何かをオーダーで作りたいと思った時に、このマガジンで見たあの人、あの一言が良い助けになってくれることを願って。

すべて見る
  • 13本

何かを作り出すという苦しくて幸せな時間

彼女は緊張していた。 決められた場所に10分以上早く着き、シミュレーションを重ねていたと思う。 メンバーが集まる。 お世辞にも自信満々とは言えない口調で、少しずつ、確かめるように説明を始めた。 初めて先輩たちにトワルチェックをしてもらっている彼女の目は必死だった。 トワルチェック。 服作りをする方や服好きな方なら聞いたことがあるかもしれない。 本番とは違う仮の生地で服を作り、それを試着してもらいながら確認・修正をしていくのだが、僕は先日それに初めて立ち会った。 あなたも服

スキ
136

売れる服について考えること

何度も思い出すことがある。 オリジナルの布を作る必要をヒシヒシと感じたはいいが、どこにどうやって頼めばいいのかさっぱり分からなかった時 相談したのが、いつも良く買ってた生地やさんだった。ご主人が中国で生地のお仕事をされてるとの事で「うちのお父さんにも話してみたら」と言ってくれたのだった。 40代だったけど、割と若く見られがちな私。目の前に来た若い女子の話を聞くのは奥さんに言われたからだろうと分かった。話してごらん?という風な、優しい方なのだろうと思った。 面接のような気持ち

スキ
196

靴磨きの壁を越える、一歩の踏み出し方

靴磨きは簡単です。 本当に?靴磨きって難しそうで… 革靴は、磨けば長持ちするのは知っているけれど… キレイに磨かれた靴をいつも履いていたいけれど… 「けれど」の先にあるものはなんでしょうか? ・自分で磨いたってキレイにならない。 ・時間がない。 ・手が汚れるし、面倒。 ・磨くための道具が選べない。 ・磨き方がわからない。 わかります。 一応磨いてはいるけれど… ・正しく磨けているか不安。 ・結局プロに磨いてもらうのが一番。 これもわかります。 「お気に入り

スキ
57

友人にオーダースーツをお願いしたら、愛犬が大変なことになった

ライターのポールです。 こんにちは。 今日は友人のTAKUちゃんを 紹介したくて、 この記事を書いています。 このnoteはTAKUちゃんのアカウントですが、 文章が苦手すぎるから勝手に運営していいと言われています。 初めての記事なのに、早くもゴーストライターです。 人なつっこい笑顔を浮かべるこの男。 すぐレモンサワーを注文するこの男。 その職業は、 「スーツプランナー」 ひとりひとりに似合うスーツを、 オーダーでつくる仕事をしています。 僕とTAKUちゃんはい

スキ
69