見出し画像

SKIMAでコミッションを受けてみた&依頼・発注時に気をつけたいこと

イラストレーターをしている海音さと(@kaine_com01)と申します。

2021年1月ごろから、「SKIMA」というサイトにクリエイター登録しました。
SKIMAとは、誰でも個人のイラストレーターにイラストを依頼できるコミッションサービスです。
こういったコミッションサービスを利用するのは初めてだったのでいろいろと不安もあったのですが(そもそも仕事来るのか?!とか)、ありがたいことに3月末時点で4件ほどご依頼をいただきました!

そこで今回は、

・SKIMAでイラスト制作を受注したいけどちゃんと受けれるか不安…
・SKIMAでイラスト制作の依頼をしたいけどどうやればいいかわからない
・SKIMAで依頼を受注・発注するときに注意するべきことを知りたい

というお悩みをお持ちの方のために、「SKIMAでの依頼の流れ」と「私が受注時に気をつけていること」をご紹介したいと思います。
依頼者・受注者両方の目線で流れや注意点をつかめるような内容にしたつもりですので、もし良ければご参考になさってください。

依頼の流れ

ざっくりとした流れはこのようになっています。

①ご依頼・ご相談
②お支払い→ラフ制作開始
③ラフ提出&ご確認 ※修正はこの時点で ”合計2回まで”
④仕上げ→納品
⑤評価をして取引終了

それぞれについて詳しくご説明していきます。

①ご依頼・ご相談

商品ページの下のほうに「依頼する前にメッセージで相談」というボタンがあるので、そちらから制作依頼の相談をします。

依頼者側の疑問:
依頼相談メッセージはどういう内容を書けばいいの?

以下、私が実際にいただいたメッセージを参考に、クリエイターへ制作依頼をするときの例文を書かせていただきます。必要最低限、このぐらいの情報量があれば受注者側として助かるな〜!という内容にしたつもりです。

クリエイターへ制作依頼をするときの例文

初めまして。
○○と申します。

「■■■(商品名)」のご依頼についてご相談させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

▼使用用途
SNSでアイコンとして使用するため

▼制作点数、仕様、納品形式
・画像サイズ:横1,000px ✕ 縦1,000px
・解像度:72dpi
・背景:単色、簡単な柄、透過 のどれか
・納品形式:PNG

▼納期
希望なし

▼実績公開OK/NG
OK

▼キャラクター詳細
・性別:女の子
・年齢:16歳くらいの幼い感じ
・性格:おとなしめ
・表情:笑顔で可愛らしく
・髪型:白髪のロングヘア
・服装:魔女をモチーフにしたもの
・装飾:大きなリボンがついたとんがり帽子

ご検討のほど、何卒よろしくお願いいたします。

こんな感じでいただけるとうれしいです!
キャラクターの詳細は、この項目以外にもできるだけ細かくいただけると助かります。
さらにもし良かったらなのですが、別の絵や写真などを資料としてご提出していただけると認識のズレが少なくなるのでありがたいです…!

クリエイターさんの中には、商品詳細ページに「お取引用テンプレ」みたいなものを用意してくださっている方もたくさんいるので、できればそれに沿った項目を書いてあげるのがベストかなと思います。

キャラクターのデザインを考えたり資料を集めるだけでも結構なコストがかかりますが、ここを妥協してしまうと良いものが出来上がらないので、大事にしていきたい工程です。

*私なりの工夫
私の場合は、ご相談をいただきご要望などを一通りお伺いしてから、「ご依頼内容の概要+お見積り」をまとめてお送りしています。
チャット形式だとどうしても情報が散乱してしまい、あとで見返すときにお互いに大変なのと、認識のズレを少しでも少なくするためです。

②お支払い→制作開始

依頼者さんと受注者側で依頼内容を相談してお互いの合意が取れたら、依頼者さんにお支払いをしてもらいます。

1.依頼者:商品ページから「購入申請」を送ります。

2.受注者:受注者側に購入申請の通知が届くので、内容に問題がなければ承認します。

3.依頼者:購入申請が承認されると、サイト上部にある「やること」に赤いマークがつき、「支払い方法を決めましょう」というメッセージが出てきます。支払期限を確認し、お支払いを完了してください。

4.受注者:依頼者がお支払いを完了したという通知が来るので、それを確認できたら制作開始です!
お支払いが完了するまでは作業に取りかかれませんので、必ず入金期限を守っていただくようお願いいたします。

③ラフ提出&ご確認

制作開始後のメッセージのやり取りは、該当取引のトークルーム(チャットのようなもの)で行うことができます。
一度ラフを描き終わった時点で一度トークルームにラフ画像を提出し、「これで進めて大丈夫ですか?」という確認を依頼者さんに取ります。

確認頻度や内容、詳細の詰め具合などは人それぞれですが、私の場合はご依頼を受けてからだいたい1〜3日以内にはラフを提出させていただくようにしています。基本的には1案のみですが、納期をたっぷりいただける場合は2、3案お出しすることも可能です。
ちなみに、私が提出させていただくラフはこんな感じのものです。↓

ラフ01

あくまでもラフなので線や塗り方は結構ざっくりですが、最低限色合いやサイズ、構図などの確認をお願いしています。

修正がある場合、この時点で ”合計2回まで”お受けしております。
それ以降ですと修正作業にかなりの時間を要してしまうため、追加料金が発生してしまう場合があります。

④仕上げ→納品

ラフのOKをいただいたら、着色と仕上げに移ります。
ざっくりとしたラフの状態から一気に納品できるデータの完成度までぐぐっと進めます。私の場合、ラフ〜仕上げまでは約5〜7日ほどかかります。

完成しましたら、サンプル用の画像(SAMPLE の透かし入り)を用意させていただき、一旦トークルームの方で仕上がりを確認していただきます。

SKIMA_ゆい様sample


問題がなければ、そのあと完成データを納品します。

この時点での修正は、上記でもお話したとおり基本的には受け付けておりません。
ただ、「色を少し明るくする」ぐらいの簡単なものであればいただいた料金内でお受けすることも可能です。(例えば「手のひらをパーからグーにする」というものだと描き直しレベルなので、追加料金が発生します…!)
対応可否の基準はその時の状況や内容によるので、ひとまず一度ご相談いただければと思います!

納品が完了すると、依頼者さん側の「やることリスト」に「クリエイターから納品承諾依頼が届いています」という通知が来ます。
商品の納品確認をしましょう」という内容が表示されるので、納品物を確認し、問題がなければ納品承諾をしてください。

⑤評価をして取引終了

最後に、依頼者さんがクリエイターの評価をして取引終了となります。
また、クリエイター側も依頼者の評価します。

=====

以上、「SKIMAでのご依頼の流れ」と「私が受注時に気をつけていること」でした。
私自身まだまだコミッションサービスの経験が浅いので、できる限り気持ちよくお取引できるよう、これからも心がけていきたいと思っています。
そしてこれからもっとたくさんご依頼をいただけるように工夫したいです。

今はSKIMA経由だとSNSアイコンのご依頼がほとんどですが、様々な種類のお仕事もお受けしたいと思っています。Vtuberのキャラクターデザインやパーツ分けなどもお任せいただけたら嬉しいです!

=====

お仕事のご依頼について

▼個人の方向け
SNSアイコンや1枚絵、Vtuberのキャラクターデザイン・パーツ分けなど、様々な用途に対応できるイラスト制作をいたします。
商品内容や料金など、詳しくはSKIMA内の商品ページをご覧ください。

▼法人の方向け
ポートフォリオサイトからのご依頼を承っております。
メールフォームから以下の内容をお伝えいただくとスムーズです。

▼使用用途
▼制作点数、仕様、納品形式
・画像サイズ:
・解像度:
・背景:
・納品形式:
▼納期
▼ご予算
▼実績公開OK/NG


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?