楢山節考

楢山節考

甲斐駒フィルムクラブ



楢山節考


1983 / 日本 / 今村昌平 監督 / 緒形拳 主演

20代前半、バイトしていたカフェで店長との雑談から薦められた一本。

どういう雑談だったかは忘れちゃったけど動物としての人間だったり、常識なんて時代で変わるとか。そんな感じだったと思う。

当時はキワモノ観たさが動機だった。が、どうにもやるせが無い気分になってしまう一本だった。


簡単にいうと姥捨山の話で「人間」そのものを描いた作品。

冒頭からの先制パンチ。業の深さ。坂本スミ子と緒形拳の演技。

作り物だよこんなものはなんて思っていた当時のアホな若者だった僕の心にもばっちり傷をつけたのでした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
甲斐駒フィルムクラブ
山梨県北杜市の文化部 "世代や地域を超えてカルチャーの話をしよう"と活動しています むかわ図書館に特別展示を毎月開催中です