見出し画像

神戸の花による「街の彩ガーデン」の開催について


「会派つなぐ」t

みなさんご存じでしょうか?神戸市北区淡河町では、独自に育成された純白の新鉄砲ユリが生産されています。その新鉄砲ユリを「神戸リリィ」と名付け、市場でも高い評価を受けており、大きく凛と咲く花の姿からウェディングブーケなどにも使われております。
 今回の神戸の花による「街の彩(いろどり)ガーデン」では、この「神戸リリィ」と、西区伊川谷町産の花壇苗を使い、花の展示装飾を行います。お近くにお越しの際は是非ご覧いただき、メイドイン神戸の美しい花をお楽しみください。


1.神戸の花による「街の彩ガーデン」の展示内容

(1)デュオこうべ
 設置場所:デュオこうべ デュオドーム
 設置期間:令和4年7月21日(木曜)~27日(水曜)
 使用する神戸産の花(予定):
  北区淡河町産のユリ「神戸リリィ」 50本(入替含む)
  西区伊川谷町産の花壇苗 約300鉢

(2)三宮地下街
 設置場所:三宮地下街 夢広場
 設置期間:令和4年7月21日(木曜)~27日(水曜)
 使用する神戸産の花(予定):
  北区淡河町産のユリ「神戸リリィ」 50本(入替含む)
  西区伊川谷町産の花壇苗 約300鉢

2.使用する神戸産の花について

(1)北区淡河町産の新鉄砲ユリ「神戸リリィ」
 「神戸リリィ」は、北区淡河町で独自に育成されたオリジナルの新鉄砲ユリの愛称です。長年にわたる品種改良の末、より強く、大きく、凛と咲く高級ブランドのユリの花として、多くの花市場から日本一と評価されています。
 「神戸リリィ」は現在13戸の生産農家のグループ「淡河ゆり部会」により生産・出荷され、オリジナルオーゴ・ミスオーゴ・プリンセスオーゴの3品種があります。

(2)西区伊川谷町産の花壇苗
 西区伊川谷町では、一年を通じて多種多様な花壇苗が栽培されています。伊川谷町産の花壇苗は、根の張りが良いため、植えつけてからの育ちがよいことで関西の花市場から高い評価を得ています。

3.展示後の花について

 展示が終わった花を有効活用するとともに、花育の一環として子どもの頃から地元の花に触れていただくために、展示後の花を淡河町の保育園(パンダこうとく保育園)と伊川谷町の認定こども園(有瀬幼稚園、弁天こども園、なごみ保育園、ひまわりこども園)にお渡しし、花壇苗は花壇やプランターに植えていただきます。

4.神戸の花による「街の彩ガーデン」について

 神戸市では市内で生産されている花の美しさとその産地を広く知っていただくため、2014年から神戸市役所ロビーで四季折々の神戸産の花の展示を始め、市役所を訪れる多くの皆様に大変喜んでいただきました。その後、神戸空港やデュオこうべなどにも展示場所を拡大し、「街の彩ガーデン」として、よりたくさんの皆様にシーズンごとに神戸産の花を楽しんでいただく機会をお届けしています。

5.今後の「街の彩ガーデン」の設置予定

 1年を通して市内で生産されている様々な花を広く知っていただくため、1年間で数回開催する予定です。
 詳細が決まりましたら、随時お知らせいたします

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!