見出し画像

LINE WORKSカレンダーの地図機能でスムーズな訪問を実現する方法

初回の訪問前、急いで地図を印刷して、移動に焦った経験はありませんか?また、途中で車を止めて、場所を確認する必要があったり、遅れることを知らせる電話をしたこともあるかもしれません。
ですが、LINE WORKSのカレンダーを使えば、スケジュールを入力するときに、地図を一緒に保存でき、出発前車の中でGoogleマップを開き、目的地までの所要時間を確認し、音声案内を頼りに移動することができます。


紙の地図使用時のリスクと安全運転への影響

車を急に止めることは、他の車に迷惑をかけたり、事故の原因になることもあります。
特に、時間に追われていると、集中力が散漫になり事故を起こしやすくなるかもしれません。
紙の地図を頼りにすると、自分の場所や向かう先を確かめるのに手間取ったり、道を間違えやすくなり、結果として訪問が遅くなる可能性があります。

LINE WORKSカレンダーの地図機能: 簡単&効率的なナビゲーション

LINE WORKSのカレンダーには、地図を直接埋め込むことができる機能が搭載されています。
指定された場所に住所を入力するか、コピー&ペーストするだけで簡単に設定できます。
出発前に、スケジュールに埋め込まれた地図ボタンをタップすることで、現在の交通状況や渋滞情報を瞬時に確認することができます。

Googleマップとの連携: リアルタイム情報での安全運転

Googleマップとの連携により、リアルタイムの交通情報を基に、混雑や事故を回避して効率的に移動することができます。
「30メートル先右折」というような音声指示により、運転時の迷いや不安が減少します。
この機能を活用すれば、より安全に、そして確実に目的地に到着することができます。

無駄のない移動の実現

ケアマネジャーの初回訪問時は、利用者や家族との信頼を築く大切な場面です。
時間に遅れてしまい、慌てる姿を見せて謝罪することもあるかもしれません。
LINE WORKSとGoogleマップの連携を活用することで、予定通り、また余裕をもって訪問先に到着することができます。

まとめ

初回訪問の際の第一印象は非常に大切です。
ケアマネジャーとして、利用者やその家族との信頼関係を築くためには、スムーズな移動が欠かせません。
このためLINE WORKSのカレンダーとGoogleマップの連携は大変役立ちます。
この組み合わせを活用することで、迷わず確実に目的地に到着することができます。居宅介護支援を開始するための一歩として、安心して、そして余裕を持った移動を目指しましょう。

地図の埋め込み方法


この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?