NO.271 「音声配信の時代」に気をつけたいこと
見出し画像

NO.271 「音声配信の時代」に気をつけたいこと

「運動・栄養・休養のループをまわしてパフォーマンスアップ」
鹿児島&徳之島で活動するトレーナーの大田勝也です。

画像1



今回はこちらの本を読む中で、

「体に関してある危機感」

をもったので、それについて書いていきたいと思います。

現在はYouTubeをはじめとした「動画」が熱いですが、これからは「音声」の時代がくると言われています。

動画だとそれだけに集中しないといけないですが、音声であればながらで聞くことができます。

家事をしながら、仕事をしながら、移動しながら、

音声は作業を止めずに情報を得られるメリットがあるので、確実に伸びていくだろうということです。


ただ、その裏にはあるデメリットもあると感じます。

それは、

イヤホンの使いすぎからくる聴覚システムの低下

です。

過剰なイヤホンの使用は聴覚の働きを低下させてしまいます。

聴覚の働きが低下すると、こういった不調の原因になります。

✓耳が遠くなる(難聴)
✓めまいやふらつき
✓肩コリや首コリ(体が緊張する)


聴覚を守るためにも、過剰にイヤホンを使う生活を見直していきましょう。

画像2



本日もお読み頂き、ありがとうございました^ ^

【こちらでも発信中です。良ければどうぞ】

✔︎Instagram

✔︎Twitter

大田勝也

この記事が参加している募集

私の仕事

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鹿児島で活動するフィットネストレーナー。 健康づくりに関する有益な情報を発信していき、鹿児島のヘルスケアに貢献します。月〜土で定期配信中。