KOBEアート緊急支援事業(舞台芸術施設支援)第2弾追加募集
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

KOBEアート緊急支援事業(舞台芸術施設支援)第2弾追加募集

「香川しんじ」西区選出:神戸志民党代表

「香川しんじ」n


第2弾 追加募集について


○受付期間
令和3年12月28日(火曜)0時00分~令和4年1月20日(木曜)23時59分
 ※先着順ではありません。
 ※電子メールのみで受け付けます。


○応募できる者(申請者)
(1)以下の①~②の要件をすべて満たす神戸市内の施設(公の施設を除く)。複数施設による共同申請も可とします。
①文化芸術の振興を目的とし、実演により表現される音楽、舞踊、演劇、伝統芸能、演芸等の公演を企画・実施し、これを一般公衆に鑑賞させることを目的とする施設であること。
(例:劇場、音楽堂、ホール、ライブハウス、演芸場、能楽堂 等)
②主催、共催等の公演を実施している施設(いわゆる「貸館のみ」の施設でないこと)

(2) (1)の要件を満たす施設が構成員となっている実行委員会等。


○補助対象事業
以下の要件を満たすもの
(1)令和3年12月28日以降、遠のいた客足を取り戻すために、今回新たに企画された実演芸術であること。
(2)プロのアーティストを起用した、原則有料の実演芸術公演であること
(オンライン配信のみの実施は不可。)
(3)事業の従事人員が延べ10人以上かつ補助対象経費総額が50万円以上であること。
(4)新型コロナウイルス感染拡大防止の兵庫県対処方針及び各業種業界のガイドラインを遵守して行われること
(5)令和4年1月26日から令和4年3月31日の間に実施する事業であること

 ※原則、交付決定後に発注し、令和4年3月31日までに支払いを完了する必要があります。


○補助金額
応募要件を満たす事業者に対して、1事業あたり50万円を補助します。

申請できる件数は第2弾全体(追加募集含む)で1施設あたり3 件 までです。


補助金申請の手続き
(1)受付期間
  令和3年12月28日(火曜)0時~令和4年1月20日(木曜)23時59分
※電子メールのみで受け付けます。

(2)提出書類一覧
以下の書類を提出してください。

① 補助金交付申請書 
② 事業計画書 単独施設用または複数施設・実行委員会用
③ 収支予算書 
④ 誓約書 
⑤ 事業詳細がわかる企画書等 様式任意
⑥ 申請者の概要がわかる資料


(3)提出方法
申請書類の提出は電子メールのみで受け付けます。
申請後の当課からの連絡も、原則、電子メールで行います。

【提出先】kobe-butai@office.city.kobe.lg.jp


詳しくはこちらへ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます~!('◇')ゞ
「香川しんじ」西区選出:神戸志民党代表
つなぐ神戸市会議員団 総務会長 医学博士/理学療法士 1976年12月23日 広島市出身 広島県立保健福祉短期大学/神戸大学大学院/兵庫医科大学大学院博士課程修了 2019年6月~神戸市議会議員として活動中*オフィシャルサイト→ https://kagawa-shinji.jp/