人生を歩むスキル「生き方」

210

持たざる者は「テキトー」に生きられない

人は生まれた時点から先天的な要素に左右される、これは事実です。

容姿、初期能力、家族、資産、など様々な物があり、これらによってスタートラインが変わります。

これら先天的な物は基本的に自分の力でどうにかなるものではありません。

だから、そこで悩むのは無駄と考えて、後天的な要素に注目するのが私の生き方です。

そのため、最悪に近い状況からでも這い上がれる人生哲学を常に模索しています。

私の哲学

もっとみる
共感して頂きありがとうございます。

最適解は自分にしか分からない

今回の話は人によって「当たり前だろ」と言われそうな事です。

しかし、分からない人や理解出来人もいる話です。

自分の人生はパズルを組み立てるように、色々な知識や情報というピースを集めて作りあげるものです。

ただ、問題はそのピースです。

自分に使えるものと使えないものがあるんですよ。

今回は、そんな話です。

共感して頂きありがとうございます。

何故、クソリプは嫌がられるのか?

クソリプとはSNS上に見られる気分を害するような返信の事です。

返信を表す「リプライ」にクソをつけた造語ですね。

煽り文句や暴言、偏見やセクハラもあれば意味不明な返信などシンプルに嫌がられるものが多いです。

しかし、これらは分かりやすい例ですが...

一見分かりにくいクソリプもあって、言ってる本人も気が付かなかったりします。

今回は、そんな分かりにくいクソリプについて解説します。

共感して頂きありがとうございます。

原則、自分は自分のためにある

客観的・俯瞰的な見方が出来ないと、人間関係で知らず知らず相手を消耗させてしまう事があります。

主観に偏ると無自覚に、他者が自分の為に存在しているかのように振る舞ってしまう。

逆に、必要以上に他者の希望に沿って消耗してしまう事もある。

今回の記事は、当然のように分かっている人もいれば、「そんなわけない!」と怒る人もいるでしょう。

分かっている人と分かっていない人の差が激しい事です。

自分は

もっとみる
共感して頂きありがとうございます。

「雑記」幽霊いるかもね

以前、幽霊に関する記事を書いたのですが...

最近、意図せずアンダーグラウンド気味の経験をしまして、「幽霊いるかもな」と思い始めました。

今までは哲学的に存在を否定出来ないし、少なくとも概念として存在する...という考え方でした。

しかし、不可解な現象は実際にあるものです。

今回は、そんな感じの話をします。

共感して頂きありがとうございます。

「平等」は理想か呪いか

常々考えていて、いまだに明確な答えを出せていないのが「平等」です。

アップデートする毎に考え方も変わっていくものですが、平等については考える度に答えが変わると言えるぐらい複雑なものです。

人は格差に不平不満を抱きやすいもので、平等という理想に引き寄せられます。

ただ、その平等は明確な形が無い、雲のようなものだと考えています。

今回は、そんな平等の話の一つです。

思いがけず、クソ難しい話に

もっとみる
共感して頂きありがとうございます。

若い世代ほど論理的思考力が育つ

「年齢=能力」という漠然とした価値観は、根強く残っています。

人間は経験の積み重ねによって能力が上がっていくので、必ずしも間違いとは言えません。

しかし、進学校と偏差値の低い学校では、3年間で凄まじく学力の差が開くものです。

会社で言われた事だけをやる10年を過ごした人より、会社を発展させるために3年間戦ってきた人の方が能力は高くなります。

能力は過ごしてきた環境に左右されるので、年齢だけ

もっとみる
共感して頂きありがとうございます。

狂気と嗜好は人生を豊かにする

今回は、人生が落ち着いてきた人向けの話です。

記事の「賢さの基準」とyoutube動画の「頭の良さとはどういうこと?」で話した頭の良い人達は無駄を嫌います。

合理性の塊のような人が多く

「人生を向上させるために不要な事をするべきではない」

という考えの人も多いです。

私も一時期はそういう考えになりました。

しかし、今の私は狂気と嗜好は人生の醍醐味の一つだと考えています。

人生の向上に

もっとみる
共感して頂きありがとうございます。

頑張っているのに自己評価が低いのは何故か?

私は一生懸命に強くなろうとしたり、頑張っている人がスゲー好きなんですが...

頑張る人でも自己評価が低かったりして、落ち込むんですよ。

真剣に何かをしてないなら自己評価が低いのは分かりますが、どんなに頑張っても自己評価が上がらない人もいる。

他と比べてスゲー頑張ってるのに、なぜ本人は自分に自信を持てないのか?

今回はそんな話です。

共感して頂きありがとうございます。

人の価値

今回の話は、頑張っている人には後押しになるかも知れませんが、そうでない人にはチェーンソーを振り下ろすような話かもしれません。

賛否両論あると思いますが、基本的に善意も悪意もなく、シンプルに私の考えです。

ダメージを負っても責任が取れないから、覚悟が無い人は読まない事を推奨します。

今回は人の価値とは何か?という話です。

共感して頂きありがとうございます。