見出し画像

別にデッサンが正確ではなくても良い

渋谷区立松濤美術館で催されている女・おんな・オンナ展〜浮世絵にみる女のくらし展に行ってきた。

この展覧会の詳細は↑のリンクを見て頂くとして、この展覧会は一部で話題になったんだけどいくつかの春画の展示がある。区立の美術館でR18 な展示はどうよ?(そんなR1(令和元年))ってことなんだけど一応小部屋に隔離展示になってて18禁止の表示はあるけど実質的な制限なし。

で、春画なんだからすべて丸見えのモロ出しなんですが、よーく見るとデッサン的にはかなり歪なんですね。誇張的な表現もあるんだけどそれだけじゃなく画面の安定性のためのデフォルメかも。(著作権は失効してると思うけど版権とかもあるしモロ出しだから画像は載せません。

デッサン力がすんごい筈のミケランジェロのダビデ像も設置すると下から見上げることになるからその角度で安定したプロポーションになるように頭部など大きめになってる。巨大な大仏像も同じような考えを基に形づけてる。セザンヌの絵でも手前の腕が長すぎるものがある。


これらの巨匠たちに比べるべくもないのに神経質に左右反転させたりしてデッサンを確認する私。それでもプロポーションの歪みに気が付かないことは多々ある。あとで気付いてがっかりする。でも、そんなに頑張んなくてもいいのかな? ま、そこまでの画力もないしな。って言い訳的に巨匠たちの歪なデッサンを槍玉にしてみました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

きっと幸せになりますよ(私が

(╭☞•́⍛•̀)╭☞それな
55
http://www.kaeruco.net 小さいモノ、電脳ガジェット好き。ロンドンとかやや好き。いい時もいっぱい合ったけどなんだかジリ貧なイラストレータ。もう絵を描くことは性癖。

この記事が入っているマガジン

コメント8件

かねきょさん せんだ?ナハナハっ!ナハっ!(みつお、だな本当は
笑い猫さん いずれもCan★Doの100円(税抜)のものです。Can★Doの額はなんだか可愛く出来そうなモノがあります。
私が20歳の頃、不動産のトップセールスマンに「絵が上手いんだから春画を描かない」といわれ、焦りました。当時、絹に描いた春画を、財布の内側とか、背広の裏地に貼り、プレゼントすると喜ばれたそうで、春画を描けば儲かる、とのこと。何度か挑戦したのですが、あの柔らかな線が描けず、断りました。浮世絵といば鈴木春信、女性が可愛いですよ。
海丸ミチさん ああ、大人のオモチャ店にあるのはそういうルート、用途で作られたりするのかw 浮世絵(春画含む)をそれっぽく仕上げるにはかなり高度・卓越したデザインセンスが必要な気がします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。