【20年3月】10年以上年率20%の私のポートフォリオ

はじめに


この記事では株式投資で10年以上年率20%以上を達成してきたポートフォリオを紹介しています。
みなさん、こんにちは!みなさんは株式投資に関して以下のような悩みを持っていませんか?
▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない
▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない
▶買いや売りのタイミングがわからない
▶そもそも損をしそうで怖いから、始めたいけど始められない
これらの悩みは誰もが持つ悩み。しかし、これらの悩みは実際に株式投資に真剣に取り組んで日々研究してきてやっとわかってくるようなもの。一夜にしてすぐに解決できる問題ではありません。
そこで長年勝ち続けている投資家を真似すれば、難しいことはわからなくてもその投資家と同じ成績は手に入れることができます。
私も株式投資に10年以上携わってきて、これまでに資産を100倍以上にしてきました。過去の投資してきた銘柄はこちらを参照していただきたいですが、2019年は年初来比+100%以上も達成しています。これもすべてブログ上で公開している情報です。
今までは投資銘柄を無料で公開していましたが、有料化にして情報を限定化することで信用取引の銘柄や保有比率など重要なポートフォリオ戦略もすべて公開することにしました。
私の投資法は世界一の投資家ウォーレン・バフェットが好んで使っていた投資法を主に採用しており、これまでの投資歴でそのノウハウについての理解はかなりの自信があります。
ノウハウを書くこともできますが、それよりも手っ取り早く投資している銘柄を知りたい!という方のために私のポートフォリオを公開することにしました。
投資で勝てない・・・、どういう株を買ったらいいかわからない・・・という方は価格以上の価値があるはずです。ぜひ参考にしてほしいと思います。

商品詳細


私の”今”持っている株(ポートフォリオ)をすべて公開します。
2020年3月のポートフォリオです。
▶銘柄名・平均取得単価・現在の株価・含み益率・保有比率を銘柄毎に紹介
▶更新は週毎で毎週末おこないます(この記事に追記していきます) ※購入後は追記された情報を読むことができます。更新期間は2020年3月末までです。4月以降は別noteでの販売になります。
価格3,000円


注意事項(必ずお読みください)


▶投資で必ず勝つことを保証するものではありません。
▶記事内容はあくまで私の現在のポートフォリオの紹介です。特定銘柄の投資を推奨するものではありません。
▶投資銘柄の売買の判断は自己責任でお願いいたします。

~本編~


※3/27更新しました
3/23~3/27 ポートフォリオ全体の成績

ポートフォリオ先週末比:+40.1%

~市場平均~
日経平均先週末比:+17.1%
TOPIX先週末比:+13.7%
JASDAQ先週末比:+8.3%
東証2部先週末比:+12.8%
マザーズ先週末比:+11.8%

所感

今週は日経平均株価を始めとして、全ての市場で大幅上昇となりました。特に日経平均株価は過去何十年ぶりの週間暴騰率で、先週末比で+17.1%となりました。PBRで見ると、日経平均株価のPBRは0.96倍となり、先週つけた0.82倍から急回復しました。短期的には、利益確定売りが出ることが予想されますが、長期的に見るとPBR1倍以下であることから日本株に対しては引き続きかなり強気です。特に、今の時期は配当権利落ち後の売りが出る可能性がありますが、銘柄入れ替え以外で売る必要は全くない株価水準だと考えています。
ポートフォリオのほうはどうだったかというと、先週末比で大きく上げ+40.1%でした。評価損益は一転して急回復し、一部銘柄ではそれなりの含み益が出ている状態となりました。ここ2週間、日本株は底の可能性が高いと記載していましたが、ポートフォリオも信用枠などを使って株の新規購入を進めてきたので、その結果が現れたと感じています。私の持っている株はかなり安全性が高く、財務基盤も強固ですので、がっちりホールドできたのも理由の一つだと思います。さて、今後の戦略ですが、含み益の出ている銘柄とまだ市場で安値で放置されている銘柄とを比べて、ポートフォリオの入れ替えをするという戦略は変えずに続けていきたいと思います。
また3/23週は、3銘柄新規購入しました。下記銘柄紹介で記載していますのでご確認ください。コロナショックで株価がバーゲンセール状態になった株を50銘柄ほど監視していましたが、その中でもTOP3の投資妙味のある株を選びました。業績の成長性、安定性、資産価値から見た割安さ、財務健全性ですばらしい会社です。簡単に下記に選んだ理由も記載させていただきました。
グローバルに見ると、先進国の中では欧米株より日本株のほうが割安さで投資妙味があります。またウイルスの影響も相対的に少ないため、世界中の投資マネーが集まりつつあるので、引き続き日本株は良好な投資環境が続くと予想しています。
ポートフォリオの内訳は以下の通りです。

現物株

※評価損益=現在の株価÷平均取得単価 保有比率=取得原価÷取得原価の合計 評価損益、保有比率ともに小数第2以下切り捨て

この続きをみるには

この続き: 2,858文字

【20年3月】10年以上年率20%の私のポートフォリオ

かぶタウン

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。
経済的自由を得るためにはどうすればいいのか?にフォーカスして発信しています。自身でも株式投資をおこなっており、約11年で資産を100倍に増やしました。お金に関する知識を増やして、お金の問題から解放されよう! https://kabutown.com