見出し画像

【20年4月】10年以上年率20%の私のポートフォリオ

はじめに

この記事では株式投資で10年以上年率20%以上を達成してきたポートフォリオを紹介しています。
みなさん、こんにちは!みなさんは株式投資に関して以下のような悩みを持っていませんか?
▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない
▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない
▶買いや売りのタイミングがわからない
▶そもそも損をしそうで怖いから、始めたいけど始められない
これらの悩みは誰もが持つ悩み。しかし、これらの悩みは実際に株式投資に真剣に取り組んで日々研究してきてやっとわかってくるようなもの。一夜にしてすぐに解決できる問題ではありません。
そこで長年勝ち続けている投資家を真似すれば、難しいことはわからなくてもその投資家と同じ成績は手に入れることができます。
私も株式投資に10年以上携わってきて、これまでに資産を8桁まで増やすことができました。昨年2019年は年初来比+116%を達成しています(すべてブログ上で洗いざらい公開している情報です)。
私の投資法は世界一の投資家ウォーレン・バフェットが若いころ好んで使っていた投資法を主に採用しており、これまでの投資歴でそのノウハウについての理解はかなりの自信があります。
そのノウハウが積み重なった結晶が私のポートフォリオです。ポートフォリオは有料での販売になりますが、飲み代程度の価格です。この記事を買うことで、以下のメリットがあります。1つは、私の10年以上の株式投資の知識を買えること。2つ目は、3000社以上ある上場企業から投資対象を調査する労力を買えること。私が持っている知識を駆使し、数千社から地道に調査して選び抜いた株が私のポートフォリオです。年利20%以上を10年以上続けられている方は、特に不要の長物だと思いますが、それ以下であればかなり有益な情報になると確信しています。今ではこのポートフォリオのおかげで一般的なサラリーマンの年収より年間投資収益が多い状態です。
投資で勝てない・・・、どういう株を買ったらいいかわからない・・・という方は価格以上の価値があるはずです。ぜひ参考にしてほしいと思います。

商品詳細

私の”今”持っている株(ポートフォリオ)をすべて公開します。
▶2020年4月のポートフォリオです。
▶銘柄名・平均取得単価・現在の株価・含み益率・保有比率を銘柄毎に紹介
▶更新は週毎で毎週末おこないます(この記事に追記していきます) ※購入後は追記された情報を読むことができます。更新期間は2020年4月末までです。5月以降は別noteでの販売になります。
▶価格3,000円

注意事項(必ずお読みください)

▶投資で必ず勝つことを保証するものではありません。
▶記事内容はあくまで私の現在のポートフォリオの紹介です。特定銘柄の投資を推奨するものではありません。
▶投資銘柄の売買の判断は自己責任でお願いいたします。


~本編~

※5/2更新しました
4/27~5/1 ポートフォリオ全体の成績
ポートフォリオ先週末比:+5.3%
~市場平均~
日経平均先週末比:+1.9%
TOPIX先週末比:+0.7%
JASDAQ先週末比:+2.0%
東証2部先週末比:+2.3%
マザーズ先週末比:+6.2%

所感


今週は日経平均株価を始めとして、好調な推移となりました。日経平均株価は先週末比で+1.9%、TOPIXは+0.7%となりました。日経平均株価のPBRは0.94倍まで上昇しました。先週末比では上昇しましたが、長期的に見るとPBR1倍以下であることから日本株に対しては引き続きかなり強気です。長いスパンで見ると、今はどの株も売る時期ではないので、保有株の売却は考えていません。銘柄入れ替え以外で売る必要は全くない株価水準だと考えています。
ポートフォリオのほうはどうだったかというと、先週末比で大きく上げ+5.3%でした。評価損益は上昇しました。市場平均と比較するとマザーズよりは上昇していないものの、+5.3%というかなり大きな上昇幅でした。保有株の好ニュースが相次ぎ、増配や業務提携など株価上昇につながるニュースが出たことが要因です。ウイルスの影響で悲観的なニュースばかりが報道される中、良いニュースが保有株に出て、株価が上昇していることから、銘柄選びは間違っていないと考えています。私の持っている株はかなり安全性が高く、財務基盤も強固ですので、がっちりホールドしていきたいと思います。
グローバルに見ると、先進国の中では欧米株より日本株のほうが割安さで投資妙味があります。またウイルスの影響も相対的に少ないため、世界中の投資マネーが集まりつつあるので、引き続き日本株は良好な投資環境が続くと予想しています。
ポートフォリオの内訳は以下の通りです。

現物株


※評価損益=現在の株価÷平均取得単価 保有比率=取得原価÷取得原価の合計 評価損益、保有比率ともに小数第2以下切り捨て

下記銘柄の選び方を簡単に解説

この続きをみるには

この続き: 2,659文字

【20年4月】10年以上年率20%の私のポートフォリオ

かぶタウン

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします。
5
投資家/ブロガー 【経歴】2008年より投資開始▶最初の2年は結果が出ず▶ベンジャミン・グレアムの本に出会い、投資手法を改良▶以後複利20%を達成中▶資産額は8桁▶年間投資収益は一般的なサラリーマン年収より多い状態●犬・歴史・映画が好き https://kabutown.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。