見出し画像

てち式ギャラトドンミミ

今回は満足のいく結果が残せなかったものの初手DMの逃げ切りの動きの多様化を入れた構築を作ろうと努力(?)したので来期が誰か結果残してくれることを期待して書きます。

構築経緯

ギャラドスの自過剰珠による制圧力の高さ、初手DMにとってちょうどいい耐久の高さから珠ギャラドスを軸に組み始めた。
初手DMのメリットは決まると択があまり発生しない。思った通りの動きをしていれば決まり勝てる。つまり安定した勝ちを得ることが出来るとこにあると考えている。
逆に、初手DMのデメリットとしては、流しの要因が相手にいた場合そいつに枯らされてしまうという点だが、結局相手は1匹倒されているのと同値で対面構築としては数的有利がほぼ無償で取れている状況になっているので気にしない。

そこで初手DM+受けの(todを意識した)動きが強いと考えていたのでそれをもとに組むことに。

まず珠ギャラドスが無理な相手への引き先としてトリトドンを用意することでロトム関係の構築を何とかするようにした。
ここで襷トリトドンのミラコカウンターが初手DMと相性がいいと感じ、襷で採用。
また、雑にチイラミミがDMの裏で強いと感じたためそれで採用。
トリトドンだけでは受けが成立しないため、オボンアーマーガアを採用。

ここまでで、重いラプラスミミッキュの並びを飛ばせるように弱保マンムーを採用。

ラストに初手の欠伸流しに対するケアがないのでラムスピンロトムを採用することで完成した。

個体別紹介

ギャラドス@命の珠
たきのぼり とびはねる だいもんじ パワーウィップ
やんちゃ
h4A252S252

初手に投げて雑に扱う。だいもんじはナットレイ用だが、物理受けのアーマーガアやクレベース等に打つことで楽に受け回しが処理できたりする。割と強かったがdが低いために負ける試合もあったので一長一短。


トリトドン@きあいのタスキ
図太いHBぶっぱ
カウンター ミラーコート じこさいせい ねっとう
最終日に全く焼いてくれなくなった子。単体性能自体はとても高く初手DMの後相手がDMで切り替えそうとする相手にとても有効。耐久が高くラスト1匹にたいしてチイラミミッキュ呪い+トリトドンのじこさいせいで粘る動きも強い。ギャラトドンミミの並びの一角。 身代わりロトムに当たった時は絶望する。

ミミッキュ@チイラ
みがわり じゃれ のろい かげ
h4A252S252 陽気

h偶数にしたら呪い身代わりでチイラが発動する反面、定数ダメ(砂や霰)のせいで身代わりが貼れなくなるような状況が嫌だったため、奇数で採用。
1対1の性能は高いがサイクル相手にはシビアになる。身代わり読みでドラパルトに引いてくる相手にしっかり、じゃれを入れるプレイングが大切。(引いてくるタイミングは意識してれば割と見えます。)

マンムー@弱点保険

h12 A252 B92 d4 S148
いじっぱり
つららばり 氷の礫 じしん ばかぢから
対ラプミミ殺戮兵器。
ラプラス入に対して初手に投げることで水技を起点にしてそのままアッキミミッキュ貫通しながら倒せます。7世代の相棒枠でもあるしやはり強かった。
ちなみに、ラプラスがセンリツ連打した場合こちらはダイアースでDが上がり続けダイマきれてもアリアを耐えつつ、ターンも狩らせるようになるのでラプラスと対面したら必ず勝てます。

アーマーガア@オボン
スピンロトム@ラム
この2匹は正直納得いってないため割愛。ここ抜きの4匹で構築がほぼ完成していた。

アマガの枠を両受けのできるカビに強い枠、
ロトムの枠をドラパルトカビロトム系統に屈しないギャラドスと相性のいいダイマ枠にすることでこの構築は完成すると思っている。
よかったら参考にして作ってみてね・。・




最高37位 推定レート207×
最終💩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ポケモンやってます。 最高レートは2124 剣盾で最終の結果を出せてない雑魚です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。