見出し画像

デジタルマーケティング基礎知識について解説してみた

「最近デジタルマーケティングという言葉をよく聞くけれど、今後伸びそうな分野だし、興味がある」と思っている方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、デジタルマーケティングとは具体的にどのようなものか、またどうやって勉強すればいいのか分からない方も多いと思います。

そこで、今回は、デジタルマーケティングとは何かを解説します。
混同されがちなWebマーケティングとの違いから、具体的な施策・勉強方法まで、詳しく説明していきます。
デジタルマーケティングの知識を身につけて、今後の仕事等に活かしてみてはいかがでしょうか?

デジタルマーケティングとは?

画像2

マーケティングの役割は、「商品やサービスが売れる仕組み」を作ることだと言われています。そして、デジタルマーケティングとは、様々なチャネル(Webサイト、Eメール、SNS、スマートフォンアプリ、IoTなど)を通して得られる消費者のデジタルなデータを活用してマーケティングを行う手法です。

これまでのマーケティング手法と異なるのは、「複数のチャネルを連動させることができる」「消費者の反応データを素早く得られる」という点です。

テクノロジーの発展により、WebサイトやEメールだけではなく、リアルな店舗での購買行動をビッグデータやAI(人工知能)などを活用して分析し、潜在ニーズやトレンドを検証するようなデジタルマーケティングも行われています。

また、消費者がキャンペーンなどの施策やコンテンツ(内容)に対してどのように反応したのかを詳細なデータとして迅速かつ容易に計測できるようになったこともひとつです。そのため、施策を振り返り、今後の方針に反映する「PDCA(Plan・Do・Check・Action)」のサイクルを回すスピードが、従来よりも格段に早くなってきているといえます。

デジタルマーケティングはなぜ優れているのか

画像3

デジタルマーケティングの優れているところは「時間と費用ともに効率的な方法でターゲットにアプローチできること」です。

インターネットやモバイルが普及していなかったころは、対面営業にせよ、広告にせよ、企業から消費者へ情報を一方的に発信するアウトバウンド・マーケティングが主流でした。

この方法はターゲットの絞り込みを細かく行わないため、成果が予算に依存しやすく、予算を支払っている間(営業ならリアルタイム、広告なら露出期間)しか効果がありませんでした。※即効性がある・ランダム層に見てもらえるという点で現在でも有効活用できるシーンはあります。

一方で、デジタルマーケティングは、ユーザーと企業が双方向的に情報の受信・発信を行い、そのデータを分析・トラッキングします。ターゲットの分類も、施策の効果検証も、精密に・正確になればなるほど不要な販促コストを削減することができます。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いは、扱う世界の範囲

画像4

デジタルマーケティングとWebマーケティングは、技術的な中心が同じインターネットであり、Web上での施策を行うことは共通であることから、同じようなものだと捉えられがちです。では、両者はIT業界が需要を喚起するために、従来の概念をバズワード化しているだけでしょうか。

両者の違いは、マーケティングの対象として扱う世界の範囲にあります。Webマーケティングは、その名の通りWebサイトを軸に考えるマーケティングで、Webサイトの世界だけに閉じたマーケティングともいえます。

一方、デジタルマーケティングはWebサイトの世界にとどまらず、デジタルで得られるあらゆるデータやタッチポイントを活用するマーケティングであり、Webマーケティングとの決定的な違いは、扱う世界の範囲が格段に広いことです。

Webマーケティングにおいて多くは、企業の運営するWebサイトのコンテンツを充実させて、いかにして顧客を流入させ、誘導し、購買などのアクションにつなげていくのかを考えます。具体的にはSEO対策やリスティング広告の利用、アクセス解析とその後のWebサイトの改善などです。Webを中心に施策を行い、Webで取得可能な情報を使って効果測定を行います。

デジタルマーケティングは、スマホ時代の顧客と強くつながる施策

画像5

現在、Webサイトに表示される広告、自社のWebサイト、電子メール、アプリなど、デジタルによって顧客との接点が、非常に多様化しています。デジタルマーケティングでは、これらの接点を包括的に取り込みます。そこには、Webマーケティングのように自社のWebサイトに隣接するデータだけではなく、口コミサイトやSNS、さらにはデジタルサイネージやデジタルのポイント会員情報、どこでアクセスしたかといった位置情報なども含むのです。

また、ネット店舗とリアル店舗とが連携する O2O(Online to Offline)を通じたアプローチも可能になります。それだけに、適切なタイミングで適切なメッセージを送ることで、顧客一人ひとりとより深い関係を構築することができます。

この流れを急激に加速させたのは、スマートデバイスの普及にほかなりません。消費者が情報を得て、サービスや商品を購入し、サポートを求め、自らも発信する一連の流れは、スマートデバイスを使って行われることが主流となっています。特にスマートフォンを使用する若い世代を中心に、公式情報よりもSNSなど自分に近い情報、自分が信頼している情報を第一の判断基準として、企業が描いたストーリー通りに進展しないことが多くなってきました。

これはマーケターにとっては決してピンチではなく、デジタルマーケティングによって、Webマーケティングよりも格段に顧客とのつながりを強化するチャンスともいえます。企業ブランドや商品の強力なファンを獲得するチャンスです。ユーザーと端末利用者を紐付けやすいことから、より精度の高いマーケティングが可能な側面もあるからです。

ただしこれは裏返せば、デジタルマーケティングに対応できなければ、従来よりも顧客とのつながりを得ることが難しい時代になってきたとも考えられます。


AIでデジタルマーケティングが変わる

画像6

デジタルマーケティングに取り組むことで、消費者のデータを細かく蓄積できます。その反面、大量かつ多様なデータから消費者を理解するには、データサイエンスなど特別なノウハウが要求されます。そこで、登場したのがマーケティングへのAIの活用です。

デジタルマーケティングは、AI時代の本格到来によって新たな段階を迎えています。
AI時代により、どんなデジタルマーケティングによる変化があるのか事例を見ていきましょう。デジタルマーケティングとAIを組み合わせることで、複雑化する消費者行動を予測することができるようになります。例えば会員が脱退する際の不満や直前の行動を分析することで、退会しそうなサインを出している会員に対して、特典を用意することや、販売後のフォローを行うことで退会を思いとどまるよう施策を講じることもできます。これまでのベテラン販売の経験などから同様のことができた可能性もありますが、ひとりのスタッフの勘や経験に頼ることなく、より高い精度で実施できる点もAIとデジタルマーケティングを組み合わせる利点のひとつです。さらに、オンライン上で把握できる在庫や納期もAIならオペレーターがひとつひとつ確認する前に、一瞬にして答えることができるだけではなく、消費者が求めている商品の関連商品までもデータや行動履歴からアドバイスできます。そのため高品質な接客がいつでも提供できるようになり、利益率の向上につながるといえるでしょう。

また、デジタルマーケティングで収集したデータに基づきECや店舗レイアウトを効率化すれば、顧客満足度がアップするとともにコスト削減効果も上がります。


まとめ

画像7

デジタルマーケティングは、時代のニーズに沿ったマーケティング手法のひとつとして今後さらなる発展が見込まれるジャンルです。顧客とのつながりを重視し、デジタルデータの活用を通じて、多様化する趣向や行動が消費者の興味関心や欲する情報を捉え、的確なマーケティングを実現させることができます。

さらに、AIとの組み合わせによって膨大な顧客データを瞬時に分析し、予測を立てることができるようになります。これにより、人間だけでは知りえなかったデータにより、顧客の興味や趣向に合わせて、良質なコミュニケーションができます。

例えば、今までのECと店舗でバラバラにマーケティングを行っている状態では捉えられなかったお客様の行動、趣向を把握し、店舗での購入履歴をもとに、ECでおすすめ商品をアピールしたり、Webサイトのアクセス履歴をもとに、スマホアプリでクーポンを配信したりするということが可能になります。取り扱うデータが増えると、人の力だけでは分析・予測が困難になります。そこで、AIを活用して顧客の行動を予測し、顧客ごとに購買確率の高い商品を提示するなど、AIを利用した高精度のマーケティング手法も増えていくでしょう。


関連記事:

参考URL:https://www.hitachi-solutions.co.jp/digitalmarketing/sp/column/dm_vol01/https://jp.marketo.com/content/digital-marketing.htmlhttps://dmj.underworks.co.jp/2013/07/09/digital-marketing-web-marketing/http://d.pasona.co.jp/digital-marketing/what-is-digital-marketing/https://valueagent.co.jp/blog/11472#i-3


.........................................................................................................................

毛利和裕/Kazuhiro Mouri

画像1

twitter

instagram

facebook

お問い合わせ先
kazuhiromouri.manage@gmail.com より



この記事が良かったなと思いましたら「ハートボタン」を頂けると嬉しいです。コメントも募集してます。
♥️スキ!ボタンは、誰でも押せます!
Twitterからでも、Facebookからでも、noteにユーザー登録してなくてもOKなんです。最後までお読み頂きありがとうございます♬

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。あなたが少しでも変われる(前進)できる記事になっていれば嬉しいです♩時間があったら見に来てね!

大切なお時間を割いて頂きありがとうございます
5
経営者であり投資家であり自由人であります。アパレルブランド/インターネットビジネス/コンサルタント/グッズ製作監修/オーガナイザー/インフルエンサー/ラジオMCなどなど...プロフィール: https://note.com/k_rock_jam/n/n44d386f00b84