女性をオーガズム(中イキ)に導く方法

当noteをご覧いただきありがとうございます。

女性用風俗店店長として多くの女性を日々相手にして戦っております。

今noteは私が性感マッサージ講習時に受講生にお配りしている特別な資料を有料販売させていただくこととなりました。

一人でも多くの男性が正しく女性をオーガズムに導く方法を学び、実践し、そして日本中に幸せなセックスをするカップルが一人でも増える事を願っております。

当noteは男性向けに書いたものですが、オーガズムを得る事ができない女性も充分に満足できる内容となっております。女性向けに捉えなおしてお読みいただくか、大切なパートナー様に読んでもらうようにするのも良いと思います。

それでは本編です。どうぞ!

1.オーガズムとは?

このnoteを読まれている方の大部分の方が「女性をイカせたい」と考えていてもオーガズムとは何か?を考えたことがある方は少ないのではないでしょうか?

女性をオーガズムに導くために、「オーガズムとはどういった状態か?」を理解することから始めましょう!

wikipediaによるとオーガズムとは

①累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり、また一面では、喜びを感じ、ゆだねるという心理的な経験であり、その時、心はもっぱら自分の個人的な体験だけに向けられているものである。

②全身の骨格筋の収縮、過度呼吸、心悸亢進、および骨盤まわりの筋肉のリズミカルな収縮を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至ること。

とあります。

これだと少しわかりにくいので身体的特徴・精神的特徴からオーガズムを分解すると

身体的特徴

骨盤まわりの筋肉(骨盤底筋群)が痙攣し(目安は秒速0.8回)、筋肉が弛緩する。

※骨盤底筋群とは、骨盤の底部にハンモックのような状態で位置し、子宮や膀胱(ぼうこう)および腸などの内部臓器を支える役割を果たす筋肉(骨格筋)群。骨盤底筋群と総称される。肛門(こうもん)挙筋、会陰(えいん)横筋、球海綿体筋(膣(ちつ)括約筋)、外肛門括約筋、外尿道括約筋、坐骨(ざこつ)海綿体筋などで構成され、肛門挙筋はさらに腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋からなっている。これらは尿や便の排泄(はいせつ)にかかわると同時に、膀胱や尿道および膣、肛門を引き締め、尿漏れや便漏れを予防する役割を果たしている。

オーガズムに達すると身体に痙攣が起きます。

これ以外にもオーガズムが起きた時には、様々な身体的変化がありますがそれらはオーガズムでなくても起きるためオーガズムが起きたかどうかを判別するためには骨盤底筋群の痙攣を見る方が確かな指標となると考えております。

その他の身体的特徴

・心拍数の増加
・肌の紅潮
・じとっとした油汗

精神的特徴

脳から分泌される快楽物質により強い快楽をもたらす。

身体的特徴以上に大切なのが精神的特徴になります。この「強い快楽」によって女性はオーガズムを得たと認識するからです。

仮にオーガズムの身体的特徴がなくても女性が「精神的特徴」の強い快楽を得ることができていたなら、オーガズムに達したと認識してもらえます。

脳から分泌される快楽物質は「ドーパミン」と呼ばれる脳内ホルモンです。ドーパミンが分泌されると「快感や多幸感を得る」ことができます。またドーパミンは依存症とも密接な関係がある快楽物質として知られていて麻薬を使用した時にも大量に分泌されます。

一度オーガズムを得た女性はその相手とのセックスが癖になるということですね。(参考:脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 著者:中野信子)

「オーガズムとは何か?」がはっきりと理解できましたか?オーガズムとは何か?が明確になっていないとどこに向かって行けば良いかわからず闇雲にセックスすることになってしまいます。もしまだわかりにくいなという方がいればもう一度読み直してください。

オーガズムに必要な要素

オーガズムとは何か?が明確になったところでオーガズムに必要な要素について解説をしていきます。

必要な要素は大きく二つあります。それは「心の解放と性的興奮」です。

心の解放

オーガズムに必要な「心の解放」とは理性を手放し性的本能を解き放つことです。

男性はセックスをする際に「心の解放」が女性と比較するととても簡単なので、女性が心を解放しにくいということに思い至らないことが多いです。

女性はセックス中に様々な理性が浮かび上手く心を解放することができない方が多いようです。

女性がセックス中に現れる理性の例

・男性は私とのセックスで気持ちよくなることができているのだろうか?
・女性器や肛門、裸を見られることが恥ずかしい。
・セックスするなんて悪いことだ。
・あそこの臭いがないか?締りは悪くないか?
・イクことができないのが男性に申し訳ない。
・避妊をしてくれないと困る、避妊失敗したら困る。
・痛み
・尿意

これ以外にも様々な理性が心を解放する邪魔をしています。

これらの理性が浮かばないように男性が意識すべきポイントが「安心感を与える」ということになります。

上で述べた「女性がセックス中に現れる理性の例」に対してどのように安心感を与えるのかを一つずつ解説していきます。

男性は私とのセックスで気持ちよくなることができているのだろうか?

感じているということを顔、表情、言葉を表現してあげましょう。女性に比べて男性はセックス中に表現を抑える傾向があります(女性は大きな声で喘ぎますよね)。男性も同様に「あなたとのセックスは気持ち良いよ、最高だよ」ということを顔、表情、言葉を使って表現してあげましょう。

女性器や肛門、裸を見られることが恥ずかしい。

積極的に褒めてあげましょう。褒め方にも色んなバリエーションがあるかと思いますが、一例をあげておきます。

「とても綺麗でいやらしいあそこだね。興奮するよ。」
「とても綺麗な胸だね、肌も俺好みでずっと抱きしめていたい。」

このように直接的に褒めるのは気恥ずかしい思いをするかもしれませんが、そうすることで女性は「恥ずかしく思う必要はないんだ」と感じてもらえます。

セックスするなんて悪いことだ。

セックスに対して罪悪感を持っている人が一定数います。子供の頃にエロ本を親に隠して読んでいた経験はありませんか?それは親に対して良い子でいたいという感情の現れです。それに似た感覚を大人になっても持っている方がいます。そのような女性に対しては罪悪感をなぜ持つようになるかの話をしてあげたうえで「私と一緒にいる時はその感情を捨ててみよう、そうすると快楽に集中できるよ。」と伝えてあげましょう。

あそこの臭いがないか?締りは悪くないか?

セックス中の臭い(身体・あそこ)を気にする女性は多いです。事前にシャワーを浴びることで少しでも気にならないように気を遣ってあげてください。締りについて気にする女性は、とてもよく締まる、大丈夫だよ。気持ち良いよ。と声をかけてあげてください。

イクことができないのが男性に申し訳ない。

このpdfが「オーガズムを導く技術」を解説しているのですが、セックスにおいてイクことを第一目的にする必要性はありません。そして、そのことを女性にも伝えてあげて下さい。セックスで第一に目的にすべきなのは満足することです。

避妊をしてくれないと困る、避妊失敗したら困る。

しっかりと避妊(コンドーム)をしている、ということを見せて伝えてあげれば問題ありません。稀にそれでも気になる女性もいるのですが、その場合は万が一避妊に失敗したらアフターピルを処方してもらおう。と伝えてあげましょう。

痛み

セックス中に痛みが起きてしまうとどうしても快楽に集中することができません。しっかりとした愛撫を実践してあげて身体をゆっくりとセックスを受け入れる準備をしてあげてください。この教材のメインである性感マッサージはあそこの痛みを感じやすい女性にもとても効果的な技術の一つです。

尿意

セックス中はどうしても下腹部へ圧力がかかります。その影響で尿意をもたらすことがよくあります。セックス前にはトイレへ促してあげる。セックス中はいつでもトイレに行きたくなったら行っても大丈夫だと伝えてあげるようにしてください。

安心感がとても重要

心の解放(理性を手放す)にとってとても大切なのは、安心感です。

この続きをみるには

この続き:2,424文字

女性をオーガズム(中イキ)に導く方法

けいさん

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
すけべな催眠を教えている人です。気づいた事を書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。