見出し画像

起業の極意(WASEDA NEO)セミナー参加レポート

企業大全の著者 田所雅之さんのオンラインセミナーに参加しましたので、要点となる部分を簡単にまとめます。

起業大全とは

本を書くに至った課題感

・事業を起こしてスケールし、持続し勝ち続ける仕組み(=戦略)を作る人が不足
・業務執行に必要なことは執行ではなく、経営。優れた執行家は多いが、優れた経営者が少ない
・自分の専門領域がありつつも、幅広い視点を持って全体最適を検討する必要性

スタートアップに必要な戦略3つ

成長しないスタートアップとは、各々が専門領域にしかコミットしない、経営視点が不足。

スクリーンショット 2020-09-01 21.47.38

スクリーンショット 2020-09-01 21.47.47

下記3点の掛け合わせがある企業は成功する。

スクリーンショット 2020-09-01 21.47.55

・Feasibility(フィージビリティ):PMF(プロダクト・マーケット・フィット)の実現可能性
・Scalability(スケーラビリティ):スケールできるか
・Defensibility(ディフェンシビリティ):競合優位性を築けるか

FeasibilityとScalabilityは両立しない場合が多い。トレードオフ、矛盾するところをいかに解決するか。

※PMF(プロダクト・マーケット・フィット)=自社のプロダクトやサービスが、あるマーケットに適合(フィット)している状態のことを指す

効果の高い戦略とは

最初は小さな市場でPMFを狙う
・Small Mass(顕在化していないニーズ)を狙いに行く

方法論①:マーケットを探る

1)市場セグメントとバリューチェーン(プロセス)を因数分解する。セグメントに対して、バリューチェーンを掛け合わせて、リストにニーズをプロットする

スクリーンショット 2020-09-01 21.48.41

スクリーンショット 2020-09-01 21.48.49

2)フェルミ推定でも良いので、市場サイズを明確化する

スクリーンショット 2020-09-01 21.48.59

スクリーンショット 2020-09-01 21.49.07

スクリーンショット 2020-09-01 21.49.35

※自分が得意でアクセスしやすいセグメントが成功するセグメントと一致するとは限らない

※大企業の事業企画を失敗する理由は、自分たちの事業計画を立てて、顧客は見ていない

方法論②:今後のトレンドを読む

・テクノロジー進化・メガトレンドを予測して事業を立ち上げる。未来に最適化する
・戦おうとしている市場に代替があるか。代替に勝てる定量的、定性的な理由があるかを明確に語れるか

方法論③:PMF達成基準をチェックする

・どの市場から始めるとPMFできそうか
・どのジビネスモデルから始めるとPMFしやすいか
・どういう顧客でPMFするか
・どの程度OMFするか
・PMFに再現性があるか

※継続率とスコア(NPSなど)が相関関係があるかどうかを見る。オペレーションレベルで言語化できているか

プラットフォーム型かパイプライン型ではじめる

・プラットフォーム型は掛け合わせで最もスケールするビジネスモデルと言える
・あるべきUXを考えずにプラットフォーム化してしまうと失敗する
・軸を作り、パイプライン型からはじめてプラットフォーム型に拡大する。ロードマップを引いてはじめる

どう、FeasibilityとScalabilityを両立するか。パイプライン型からプラットフォーム型に拡大

ユーザーのペイン・ゲインをつく機能に絞ってサービス化し、限定的セグメントでプラットフォーム展開して徐々に広げること。

※後ほど図を挿入します
・Retty(レッティ):グルメな人が自分の好きなお店のログを残していたことを参考に、店舗ログを残せるツールを提供しユーザー数を増やした後、プラットフォーム化
・Huffington post(ハッフィングポスト):最初は高品質の記事をプロに書いてもらってユーザーを呼び込んだ
・WordPress(ワードプレス):孫が祖母のためにブログ立ち上げたものをテンプレート型にした
・CrowdWorks(クラウドワークス):はじめはハッカーレベルエンジニアにハッカソンでピザを配って登録してもらい、ハッカーレベルの人を釣りに拡大した

PDCAのCを意識してサービスを作る

・CrowdWorks(クラウドワークス):管理画面でKPIを見え化した

まとめ

・執行ではなく戦略が重要
・Feasibility(フィージビリティ)、Scalability(スケーラビリティ)、Defensibility(ディフェンシビリティ)の3点で戦略をつくる
・どの市場でPMFを狙うか?
・最初は小さくはじめる
・プラットフォーム型かパイプライン型ではじめる
・PDCAのCを意識してサービスを作る
・ディフェンシビリティを意識して蓄積する
・PL思考ではうまくいかない、ビジネスモデルを大転換する
・アジャイル型でプロトタイプを作って検証するスキルが最も重要
・価値検証を最もスピーディに行うこと
・初めは役割分担を設けず、小さいチームで回すこと
・事業計画書から作っても99.99%うまくいかない。策定して検証する方が早い。顧客をまず見る
・打席に何度も立って失敗して、イチは勝つ。失敗をよしとする文化を作ること

以上、レポート終わりです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
リアクションいただけて幸せすぎます😂💖
3
IT事業会社で新規サービス開発のUXデザイナーをしています / 美大→制作会社→デジマ代理店→教育事業会社→IT事業会社 / 現代アート・ドキュメンタリー・文学・絵本が好き / 将来的にHR・農業・地域社会に関するサービス開発をしたい / キャリア開発の国家資格取得に向けて勉強中

こちらでもピックアップされています

セミナーレポート
セミナーレポート
  • 18本

UXデザインや新規事業開発に役立つセミナーの参加記録です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。