「判決一歩手前の市民参加」ができないか

市民が「判決を決定する」から、「判決を考え評価する」に変えられないでしょうか。

つまり、裁判官が裁判で判決を読み上げる一歩手前で、今の裁判員制度で選出された市民に判決文を考察してもらい、その意見を判決に組み入れるというやり方。

現行の裁判員制度では、私の知っている範囲でいうと「選ばれた市民が判決を作る」と聞いています。これは、死刑などの人の死を決めることとなり、相当に負担の重い作業となるようです。結果的にプロフェッショナルが主導権を発揮するとの事。であれば・・・

プロフェッショナルが決断し、市民が市民感情で裁決を考察するという、今より少しマイルドな仕組みにすると、欠席者も減るのではと思った次第。

被害者の憤り、加害者の更生。人の命の重さ。これらを一時期に秤にかけ、その重さを計量するのは市民には時間が無さすぎると思うのです。揺れ動く正義。ぴたりと落ち着くのは、容易ではありません。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! 好きな人と出会えますように!
^^;) 豊後大野市に住んでいます。古びた情報処理でギリギリ生き残っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。