見出し画像

地図もコンパスも無い旅〜私のファッション遍歴④

こんにちは、K-baraです。

気づけば4回目のこのシリーズ。

前回は、ファッション遍歴と銘打ちながら、まるで服の話が出てこなくて、しまいには餃子の王将がどうたらとか言い出す始末でした。

まあ、それだけ服に疎かったのがお分かりいただけると思います。

それもそのはず。日本の男性の多くは、服の着方&選び方なんて一回も学ばないですから笑

さて、今回は前回の続きから。

先輩の一言がきっかけで、ちょっと服買ってオシャレでもしてみるかと思い立ったK-bar。

しかし、早速困ったことになりました。

そうです、

「何から買ったらええんや・・・。」

ジャケット?ズボン?Tシャツ?

そもそもコーディネートの概念すらなかったため、どっから揃えて良いかさっぱり分からなかったのです。

記憶している範囲で、どんな感じでお買い物をしたかを紹介します。

季節は夏でした。

「とりあえず、このヨレヨレのTシャツを何とかしよう!」

ルクアをさまよていたら、何かおしゃれなポロシャツを発見!

そこはフレッドペリーでした!

勧められるがまま2着ほどポロシャツ購入。

「次は、何年履いたか分からんこのGパンを何とかしよう!」

何かおしゃれなズボン(言い方!)をたくさん並べているお店を発見!

そこはジョンブルでした!→勧められるがままベージュのチノパン購入

初めてまとも(?)な服を買った感想としては・・・

「高っ!!」(相場を知らないせい)

「でもまあ悪くないか・・・。」(店員さんがしっかり選んでくれたので)

ぐらいでした。コーディネートはともかく、少なくともヨレヨレボロボロではなくなったので、友人からも「お、服買ったの?」ぐらいのリアクションはありました。

そして、季節は流れ、気がつけば冬でした。

ポロシャツ&チノパンではいくら何でも寒いし、思い出と汗などをたっぷり吸ったコムサのトレンチコートも限界。

「ボーナスも出たし、ちょっと気合入れて何か買うか!」

と思い立ち、向かった先はこちらでした。

実は、その前から、知人に「関西でええ服買うならまずここやで!」と聞かされていました。しかし、感覚的には、「ファッションセンスか財力のどちらか、または両方を持ち合わせた、選ばれし人々しか立ち入ることを許されない場所。」ぐらいに思っていました(大げさ)。

それでも、ダサい自分を何とかしたい一心で、勇気とクレジットカードを握りしめ梅田へ向かったのでした。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

長くなりそうなので、阪急メンズ館でのお買い物については次回に回します。

ちなみに、フレッドペリーもジョンブルも行き当たりばったりで入った割には、とても良いめぐり逢いだったと思います。

フレッドペリーのポロシャツなんて、昔から愛される定番アイテムですし、ジョンブルデニムが人気の老舗で、大変しっかりとしたモノづくりを続けているメーカーです。

ある程度リテラシーが身についた今こそ、もう一度訪ねてみようと思います。



ありがとうございます!
2
先端巨大症&ガンと向き合いながら、前向きに生きてます。病気を通しての気づきをゆるく綴ってます。私の経験が、少しでも誰かのお役に立てれば幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。