見出し画像

幸せには覚悟という強さを

もう少しで2010年代が終わる。
それと同時に、あと数時間で2020年代がはじまる。
「2020」まるで遠い未来に来てしまったような感覚。
そのくらい、私にとってなぜかこの数字にはパワーがある。

2019年。
2010年代最後の1年だったけど、私がこの1年取り組んだことは
今までとは大きく異なることばかりで、
本来の自分っていうものを知る時間だったように思う。
っていうと、何だかあるあるで軽く聞こえると思うけど、
良くも悪くもそれなりな経験をしてきた私のそれは、
結構仮面や鎧が厚くて、作業的にも少なからず苦痛を伴うことも多かった。
自分の核を見せられたような気がする。
弱くて繊細な出来れば向き合いたくなかったところ。
笑ってごまかしてきたところ。
とうとうその時を知る1年になった。

私は感覚的な人間で、
直感力と行動力という要素で出来上がっているようなタイプ。
「何か違和感を感じる」
「何か心に引っかかる」
「何か妙に興味がある、もしくは無い」
そういう感覚的な部分が一番早くやってくる。
遅れてその意味や言語が降りてくる。
そこには、タイムラグが結構ある。
「どうしてそう思うの?」と聞かれても
自分でもその時点では「わからない」としか答えられなくて、
今まで正直どうしていいのか分からなかった。
そしてそう思ったことは無理に合わせることが出来ない。
心ここにあらず。
抜け殻だけの私がそこにあるだけになる。
それもどうにかならないものかと思ったけど、なかなか難しいことでもあった。

私はそもそも言葉で自分の想いを伝えるのが大の苦手だ。
思ったらすぐに行動をして、
行動の先で自分の感情をコントロールしていくこともあって
単独で動くことを好むし、それに対して問題を感じたことも特別なかった。

そして驚くことにそんな全ての特性さえ今まで実は気がつかなかった。

でも、プロジェクトをスタートし、多くの仲間ができた時、
単独で直感的に行動をすることは、
その人たちを振り回すことになることを改めて知った。
私よりも私を知る人たちが ``私について`` を熱心に教えてくれた。

その特性に気がついた時、正直どうしていいのか分からなくなった。
でも、こんなに振り回し続けているのに
「思うように羽を広げて動いて考えて表現して欲しい。あとは任せていいから」そう言ってもらえる存在が公私共にできた。

色々と許された。
そして自分自身もやっと自分を許した。
その先に感じるものや見えるものがあった。

「ひとりで子ども+犬たちを育てる!」
30歳過ぎてすぐにそう決断してから、武器をたくさん拾い集めて、
時には作って、仕事もスタートしてキャリアも積んで____
ある意味、金銭的にも時間にも余裕が生まれて、でも、
自分で自分が何がしたいのかさえ、分からなくなってた。
2018年までは学生時代の文化祭のようにただただ楽しかった。
でも、それだけでは自分の人生という最高のギフトを最大限味わうには
納得がいかなかった。

思い起こせば今年は様々なものが徹底的に終わり、
大切なことが色々はじまった。

幸せには覚悟がいる。
優しさには比例すべき強さが必要。


私はきっと2020年はこの事に向き合うような気がしてる。
そう、先述の通り、理由は全く分からない。
でも、たぶん、そんな気がする。

ちゃんと受け取れるように、
強くなる。

2019年、ありがとうございました!!
2020年も引き続きよろしくお願いします。
皆さんにとって新たな1年が穏やかなものでありますように。

Kaori

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

⽝と⼈のより良い未来の形を⽬指しチャレンジ中です!(enkara https://www.enkara.jp/)noteにコトバを書く時間は自分に向き合う大切な時間です。いただいたサポートはスキだなぁと思ったnoteのサポートへ循環します♪

わたしもスキです^m^
13
愛玩動物飼養管理⼠DOGLifeShopを10年間経営後、ITベンチャー、スタートアップ企業にPR/IR参画。2019年5月⽝との暮らしから⽣まれるハピネスをより多くの⽅に周知し、⽝と⼈のより良い未来の形を⽬指し起業!しなやかに生きる。https://www.enkara.jp/
コメント (2)
明けましておめでとうございます。
いつも素敵なnoteありがとうございます。
「優しさには比例すべき強さ」
今年の僕のテーマの一つにさせて頂きたいですm(_ _)m
@Yutaさん
いつもありがとうございます。
noteで繋がっていただき嬉しく思います。
そう言っていただけて嬉しいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。