見出し画像

粘菌生活のススメ

ほぼ日刊イトイ新聞で毎週菌曜日に「きのこの話」を連載する新井文彦さんは、阿寒のネイチャーガイドもしている。

ねんきんは奥が深い。北海道大学にも、イグノーベル賞を受賞している人がいる。風の谷のナウシカにもねんきんはちょっぴり出てくる。

ねんきんは、粘菌がただしいんだけど、みんな年金とかと間違えちゃう。

この不思議な生命の美しさに大宇宙を重ねてしまう。粘菌には、人を惹きつけてやまないなにかがある。

美しいと変と
面白いを、
ひとつにした。
新井さんって、
凄腕だなぁ。

糸井さんのキャッチコピーがいいんだなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
宇宙兄弟に憧れるムッタならぬムック。ガチャピンの親友です。たくさんの本をこどもたちに読書の楽しみを大人も自分を磨く本を。 読書をそばに。そんな方々とつながりたい。一緒におしゃべりしましょ。 映画やお芝居のお話も。https://booklog.jp/users/hkmook
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。