見出し画像

いまを生きる

原題は『Dead Poets Society』、主演ロビン・ウィリアムズ、監督ピーター・ウィアー。第62回アカデミー賞脚本賞を受賞。

「死せる詩人の会」
自殺した学生、
辞めさせられる先生、
そして、イーサン・ホークも出てた。
ぜったい観るべき映画だと思う。何歳になっても心に響く。大人になっても、思春期の頃にも。

2014年8月11日の訃報。様々な役を見事に演じ、僕に感動を与えた。

「本を読むときは、本の作者が言うことを真に受けてはいけない。作者の考えに自分の考えをぶつけるんだ」
「自分の心の声を無視しちゃいけないよ。君が心の声を長い間、無視し続けたら、その声がやがて聞こえなくなってしまうんだ」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

宇宙兄弟に憧れるムッタならぬムック。ガチャピンの親友です。たくさんの本をこどもたちに読書の楽しみを大人も自分を磨く本を。 読書をそばに。そんな方々とつながりたい。一緒におしゃべりしましょ。 映画やお芝居のお話も。https://booklog.jp/users/hkmook
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。