見出し画像

カナダで初めてのタックスリターン【$3k返ってくるらしい】

最近はまた自転車で通勤をし始めて少し有酸素運動をすることができることによって夜ぐっすり眠れている今日この頃みなさんいかがお過ごしでようか。

2019年のタックスリターンやりました〜
カナダには2019年に来たので初めてのタックスリターンです。
最初難しいのかなぁと思ったけど特に難しくなく、自分はスタバからのT4とUber Eatsのself-employed incomeをどちらも自分で提出しました。

使ったのはTurbotaxです。
無料で使えたしスラスラいけたので便利でした。

スタバの方のT4は単純に埋めていくだけなので簡単でしたが、2019年にほんの少しだけしたUber Eatsのself-employed incomeの記入は日本語でググっても出て来なかったので英語でググりまくって頑張りました。
っていってもUber Eatsでの収入は少なすぎたので税金の対象外になり、別に関係なかったのですが笑

そしてTurbotaxでT4とかを提出すると大体のタックスリターンの計算結果(予想)がかかれてあるのですが、約$1,800(13万円くらい)となっててビックリ。

その時はただの計算間違えだろうって思っていて、カナダ人の同僚に確認しても高すぎない?って言ってたので、まぁ正式な計算結果が出たら減ってるだろうって思ってました。

しかし数日後にCRA(Canada Revenue Agency)のホームページで正式な計算結果を確認すると約$3,200($24万くらい)と記載されていてさらに驚愕。笑

これは流石に多すぎない?って自分でも驚きましたし、違うカナダ人の同僚に確認しても多すぎ!!!って笑ってましたが、色々調べて見た結果なんとなく多かった理由がわかってきました。

別に税金に詳しくないのでここでは詳しく書きませんが理由として考えられるのは
・低収入による税金返金
・Canada workers benefit(CWB)が適用(+$1,353.04)
・Climate action incentiveが適用(+$224.00)
など色々ありました。
※後日調べてみたところ自分は2019年の丸々1年間カナダにいたわけではないのでCWBは適用外でした。後々返金してくださいと言われるのも面倒なんで自分からCWB抜きで再申請して差額分である$1353.04(つまりCWBの分)を返金しました。つまり、最初にTurbotaxで出た予想金額が合ってたってことですね!

全てに共通するのは低収入だったということ笑
自分みたいに2019年の途中にカナダに来て働き始めた方とかは上のどれかは当てはまる可能性が高いですね。

Direct Depositはアカウントを作った日に速攻で登録しましたが、多分間に合わなかったかなんかで小切手がそのうちくると思うので気長に待とうと思います。

コロナの影響でシフトなくなったら暇なのでメインブログでもっと詳しく書こうかなと思います

#日記 #ブログ #人生 #留学 #カナダ #ワーホリ #海外 #海外生活 #トロント #英語 #スタバ #コロナ #タックスリターン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Good call!
7
UCalgaryの大学院生/Master of Kinesiology/Exercise physiology/運動生理学/昔のトビタテ生/NBA/Milwaukee Bucksファン メインブログはこちら https://www.new-justbliss.com/