見出し画像

Book Review:『生涯投資家』

(株は)上がり始めたら買え。下がり始めたら売れ。一番安いところで買ったり、一番高いところで売れるものだと思うな。

画像1

「生涯投資家」
著:村上世彰 Yoshiaki Murakami
文春文庫(2019年12月10日 第1刷)

僕が村上さんのことを知ったのはまさに2004~2005年の日本放送の案件頃から。当時はまだ高校生でなんとなくテレビが歪曲して編集・操作した印象がそのままのイメージだったし、実施に10年後に投資を勉強して始めるまではそのイメージのままだったと思う。

この本は村上さんが子供たちに10万円の投資元本で子供たちに運用をさせる、という番組「子どもの投資教育・実体験プロジェクト」を(途中からだったけど)見かけた後、書店で並んでいるのをふと手に取っため。巻頭を読み始めたら吸い込まれ、そのまま買ってしまった。子供に対する投資教育、実際に僕も親からそんな教育を受けたかったし、もし子供の時から受けられる環境や機会があるのであれば、素晴らしいと思う。

株式投資はいまだにギャンブル、楽して金儲け、(汚い)金儲け、というようなイメージを持っている人も多いけど、実際には、政治・政策、中央銀行の動き、マクロ・ミクロ経済、為替、経済指数、企業の事業投資、雇用(人の流れ)、物やサービスの変化、リスク管理、資金管理、投資戦略など多面的に知らなければいけないことが出てくるから、本当はすごく勉強が必要で、知れば知るほど楽しくなってくるものだ。

またリターン(投資による儲け)を得るために何時間も何十時間もかけて決算書を読み込んだり、市場を分析し、自分の資産をリスクに晒す。これによる「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」はその金額にかかわらず、とても価値の高い報酬だと思う。もしろん金銭のみにとどまらず、自分が想像した通りのシナリオで動いた時の「達成感」、失敗した・損をした時の「損切り」も貴重な経験となる。

本の中で繰り返し出てくる言葉で僕の印象に残った言葉は次の3点。ただ投資を始めない限り中々気にも止めない言葉だと思う。詳しく話したいが、気になる方は本を手にとって読んでみて欲しい。

1. (企業の)上場目的
2. 企業価値向上
3. コーポレートガバナンス

上記以外にも、経営者による「企業の私物化」という言葉はとても印象的だった。投資を行う以前からかな?、実際にサラリーマン時代からも感じていた会社の経営陣・マネジャー達に対する違和感が言葉にされた瞬間であったとも思う。もしかしたら色々な部門の方と仲良くしていたからこそ、感じることがあるのかもしれない。

ただ投資という観点で見れば、上場企業と非上場企業とでは大きく異なる。非上場企業は通常、経営者の持ち物だから、(経営者と従業員との関係性などにもよるけど)法的に差し支えがなく、従業員から突き上げ・デモ・訴訟が起こされない限り、(融資を受けている場合は銀行を除く)第三者が気にするところではないと思う。

一方、上場企業の経営者・経営陣が企業の私物化を行っている場合は話が変わる。上場した時点で会社は株主のものだ。当然、一般的に時価総額の小さい企業、上場したての企業は創業者や経営者が大半の株式を握っている。だから仮に少数株主が何を言おうと相手にしてくれないだろう。しかしながら市場から資金調達をする、という本来の目的に沿って株式公開している時点で上場企業としての責任が問われる。(最近、国が年金機構等を通して大株主になっている点についても実は相当大きな問題である。)

僕個人が村上さんに対して感じたことは、村上さんの投資家および経営者としての視点の線引きが時々経営陣よりに近いように思えたことだった。村上さんは会社がどうあるべきか?、より良くなるにはどうしたらいいのか?、という企業に対する熱いパッション、コーポレートガバナンスに対する美学や哲学が著書から感じられた気がする。ただ投資家は「儲かるのか?」がゴールで、もっとドライであるようにも思える。

村上さんのような人は日本に必要だと思うし、会社のためでなく、自己の保身に回る経営者・経営体制の改善・改革を行う上でもこのような考え方が広まって欲しいと思う。一方、彼が著書でも述べているように、今の日本は果たして投資に値する市場なのかという点も考えさせられる。これはお金の運用先に限らず、国内外の若い人達にとって、日本という国・国内企業が人生を預ける上でいいリターンを与えてくれる選択先(投資先)かという点でもある。

さて今の日本は、日本企業はどこにいるのか?

まだ投資を行ったことがない人より、ある程度、投資を経験した方にお勧めしたい本です📕

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けると励みになります。またサポート頂けた分野においてもっと興味深く、面白い記事を増やしていこうと考えています。よろしくお願いします。

Thank you ;)
12
Freelance Consultant, Investor, Financial Planner|フリーの決算分析コンサルタント 、株式投資家、フィナンシャルプランナー、米大学2011年卒