1."デザイン"というなにか

最近、「医療とデザイン」に関わる取り組みがとても増えている。
数多くの医療の現場で “デザイン” が関わり始め、
「何か良いことが起こりそう」という空気感が漂い始めている。

例えば...

北原リハビリテーション病院では、
「新しい医療サービスモデルの提案 -サスティナブルな「医療」を実現する-八王子モデル-」としてGood Design賞を受賞していたり、

株式会社 ロフトワークでは、
国立精神・神経医療研究センター病院のホームページの改定を
患者のWebへのアクセシビリティを考慮して実施し、
デザインプロセスの一部をポートフォリオに公開している。

看護師の取り組むデザインの先駆的な例としては、
株式会社メディディアの「サージカルテープカッター きるる」も
実用的にデザインされた製品の一例である。

このような取り組みをはじめとして、
“デザイン” が医療に関わること が良いことであることは、
なんとなーく想像ができる。

しかし、 ”デザイン” って、なんだろう?
実は、”デザイン”という何か良くしてくれるであろう存在に期待し、
それが何かという実態はつかめていないのではないだろうか?

少なくとも僕は、「”デザイン”とは何か?」は、
勉強すれば勉強するほどよくわからなくなってきている。
我々医療者は、どのように"デザイン"を捉えればよいのだろうか?

----------------------------------------------------

リンク:
・北原リハビリテーション病院
「新しい医療サービスモデルの提案 -サスティナブルな「医療」を実現する-八王子モデル-」
 http://www.g-mark.org/award/describe/48199
・株式会社 ロフトワーク
国立精神・神経医療研究センター病院のホームページの改定
https://loftwork.com/jp/project/20180925\_ncnp
・株式会社メディディア
サージカルテープカッター きるる
http://medidea.co.jp/works/kiruru.html

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

病院にデジタルアートを届けたり、3Dプリンタを使ってケアの現場を支える実践や研究をしています。 Digital Hospital Art / FAB Nurse/ vvvv Japan Community

3
病院にデジタルアートを届けたり、3Dプリンタを使ってケアの現場を支える実践や研究をしています。 Digital Hospital Art / FAB Nurse/ vvvv Japan Community

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。