生きている遺書 時々音楽 翻訳者 「誰より幸福な彼らは」 ルイーズグリュック連載中(https://privatter.net/u/junjunjunir)
    • 長い遺書
      長い遺書
      • 85本

       

    • ルイーズグリュック詩集
      ルイーズグリュック詩集
      • 14本

      2020年ノーベル文学賞受賞者の作品を 独自の解釈に基づいて日本語にしたものです。 英語の読める方は是非本文をお読みください。 無断転載禁止。

    • music
      music
      • 16本

      歌詞には曲があります

    • 「誰より幸福な彼らは」
      「誰より幸福な彼らは」
      • 1本
    • 保存
      保存
      • 3本

      読み返す用

固定された記事

苦しみから解脱するために、私はもう詩を書かない。

(Twitterと一部重複) ただ押し潰されそうな時、自分の身に湧き上がる苦しみを摘んで並べたのが私の詩作の本質だったし、言葉の技巧を高めたり楽しんだりするものではなかっ…

ただ受け入れられて

ただ与えられて 私は何も返すことができない それは失礼なことですらあって そのものを循環させることが そうなりたいけど まずは自分が強くならなければならない 強くな…

ふちどられる「人」生

ハッとする。 自分の覚えていない自分を、 他人の口から語られる時 適当に描き殴ってきた自分の輪郭が はっきりと縁取られて、瞬間 大きなものに包まれているような 自…

Firstborn/1. The Egg ルイーズグリュック/The Wound

「その傷」 空気は限界まで厳しく焼き尽くす斬新なパンく らいに硬くなる。 私はベッドから蠅がカッコ良く凝固して つなひき とめているのを見たし 蟋蟀が ++++++++++++…

Firstborn/1. The Egg ルイーズグリュック/Labor Day

「労働日」 彼の腕に乗せる愛らしいものを必要としていたから南西はスタンフォードから北東のコネチカット、あくまで擬似的な農園と彼の家族の太腕へ連れて行かれた私は、…