見出し画像

【採用にストーリーを】ハリボテ的な見せ方じゃない、採用の本質的な競争優位性

 こんにちは!HeaR株式会社の高谷です。最近、HeaRメンバーのtwitterが活発です。現在正社員はこの9人で全員なので、ぜひフォローしてあげてください!だいたいみんな中二病です。


 いわゆる見せ方的にストーリーを作るという話ではなく、採用の全体を通して一貫した何かを伝えることが今は大事ですよというお話。

企業側も自己分析をしないと真っ当じゃない

 と思いませんか?いわゆる自己分析の必要不要は置いといて。日々色んな媒体で無限大の求人を見ても、企業として求職者に伝えるメッセージがあまりにも似たり寄ったり。企業のらしさが軽視されています。

 今は求職者を選ぶ時代ではなく選ばれる時代。就活生や中途求職者が自己分析をしてくるように、企業側も適当な情報開示ではまず選ばれません。なので弊社ではこの画像でいう右側の観点を超大事にしているという背景です。

スクリーンショット 2020-02-07 7.21.14

まずは採用コンセプトを設計することから

 その企業らしさを選考体験の中で伝えるにあたり、まず必要なのは採用コンセプトの策定です。採用コンセプトは弊社でいうと「青春」とか「愛」のことで、粒度はキーワード程度で全く問題ないです。ここの意図としては下記2つがメイン。

 ・一貫して企業のアイデンティティーを伝えられる

 ・組織として、同じ方向性を向いて採用活動ができる

 弊社でCX(候補者体験)支援に入らせて頂く際も、まずはこのコンセプト決めからスタートします。決め方は企業のフェイズによって様々ですが「候補者に伝えたい自社の価値」「ハイパフォーマー社員たちが入社を意思決定したきっかけの共通項」などの観点でディスカッションしていくと、割と決まりやすいです。

 ここのポイントは採用に関わるメンバーをなるべく多く巻き込んでワークショップ的に進められると、その後の浸透が早いのでオススメ。

スクリーンショット 2020-02-07 7.31.05


理想の心理状態を適当な妄想に終わらせない

 採用コンセプトが決まれば、採用広報記事を1つ出すにしてもエッセンスを入れていきます。企業の魅力4Pと読んでほしい候補者の選考フェイズに分解すると、どの層に何を伝えたいコンテンツなのか。その上でどんな読後感を抱いてほしいかを丁寧に整理していきます。

スクリーンショット 2020-02-07 7.39.00

 このように、候補者との各タッチポイントでどのような心理状態になってほしいかを整理していくことが大事です。いわゆるキャンディデートジャーニーマップの設計がまさにこれ。ただここで勘違いしてはいけない観点として、ジャストアイディアでなんかいい感じの心理状態を想定すること。

 「カジュアル面談では現場のリアルを掴んでほしい」とか、その粒度だと理想の心理状態を作っても、そこに向けた施策が単発のもので結局ストーリーがなくなります。整理する上でのタッチポイントは以下をご参考ください。割とそのまま自社の整理に役立つExcel形式です。

 企業がブランディングにストーリーを作るように、選考体験にストーリーを重視するだけでも競争優位性に繋がります。それがハリボテではなく、本質的にその企業特有の価値を示すことが重要です。

具体的にどれくらいストーリー化するのか

 そもそも弊社のビジョンは「青春の大人を増やす」で、まだまだ人数も少ないスタートアップなのでそこの視点は社員全員が揃っているつもりです。一連の選考体験を通じて、採用コンセプトをいかに散りばめていくのか、弊社ベースでいくつか紹介させて頂きます。

・社員のtwitterのユーザー名「青春」

・代表が「青春」に関する発信を積極的に実施

・面接前に渡される採用ピッチ資料には計30箇所以上に「青春」の言葉

・オフィスに入ると右手には社員全員が書いた青春」の半紙たち

・面接時のドリンクがポカリで、渡されるタイミングから「うちのビジョンが"青春の大人を増やす"なんです、だから青春時代を感じるドリンクということでポカリ渡してて〜」の「青春」アイスブレイク

・面接で「青春」の価値観に関する質問

 と、いくつか選考の時系列で取り上げましたが、これだけで既に相当「青春」がちりばめられており、面接が終わった頃にはもうすでに「HeaRはまじで青春の会社」という理解に至ってるはずです笑。これは決して表面的な訴えではなく、本質的に「この会社はこういうことを大事にしている会社なんだ」という解釈をしてもらうことが大事です。

 「じゃあうちって何を大事にしてる会社だっけ?そんなんそもそもある?」とお客様に聞かれることが多々あります。が、よっぽど組織状態が良くない限り、言語化できてないだけなのでご安心ください。どうしても出てこない場合は飛んでいきます!

 そんなこと考えながら、候補者体験(CX)の向上を助けるSaaSやコンサルティングサービスを展開しています。サービス資料のURLを貼っておくので、もしご興味あれば押してください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スタートアップにて粛々と頑張っています....!

ありがとうございます!ぜひオフィスへ遊びに来て下さい!😀
17