見出し画像

3日連続散歩してみた。少しいいことがあった。

散歩を三日連続している。二日前、昨日今日と一日二時間位ずつ。

昨日の散歩の事を日記にしてみました。


令和元年 12月4日

昨日は朝から晴れていて散歩日和だった(今日は寒い小雨)。午前中時間が出来たので散歩へ、行ってみたいとこも特に思いつかず、だらだらと東の卸町の方へ、


途中、友達がつくってくれた曲に歌詞を考えながら歩く、歌詞を考える時は色んな細々とした事や言葉を思い付いては曲に併せてなぞってみたりしながら、これじゃ嘘になるとか、これじゃ曲がださくなると、心もセコくせわしくなり、なかなか自分が生真面目なだけの小物になった気分。

やな時間だもんで、ぷらぷら景色を見ながら適当に考えて来ようって考えもこの散歩にはあるのでした。


自衛隊の脇は長い一本道。途中すれ違う人も少なく、集中して歩くには丁度いい。せまい歩道には細い水路が並んで流れていて。水路のふちには雑草が生えている、歩く間、その緑黄緑色が目の端にずっと映っている。なかなかいいもんだなこんなのも。空は冬がくる前の青空、上空は風が寒そうだ。歌詞を考える。


この曲は、古い中国ぽい曲調とソウルミュージックを併せた様な作りにしたいと普段ハードコアのバンドをやってる友達がつくって、おれもそれがいいなと歌詞を考えている。なんか参考にしてみるかと部屋に転がってたランボーの「地獄の季節」を読んでみた。ほぼはじめて読んだんだけど、若い時にこれ読んでも俺にはわからなかっただろう。今の歳になったところで怪しいもんだ、ぷらぷらと歩きながらあんな事やこんな事が書いてあったなと二キロ程の道を真っ直ぐ歩いていく。参考になったのかどうか、とにかく数種の言葉が思いついたり、使えなかったり、結局うやむやに悩みながら進む。

赤信号。

結構歩いたんで、横へ青信号を渡ってみた、その先には市場が横渡っていて、その脇を引き返してこうかなと思ったけど、同じ道沿いを登り下りと帰るのも味気ないんで、市場の方に小路を入って行くと、古い用水路が流れている。

画像1

ここの景色は、子供の頃からあまりかわらない、数十年前もこんな感じにさびれて見えてたし、時が止まってると云うと大袈裟だけど、世間からほっとかれてるんで、景色として何もしなくなったというか、、考えるのも面倒くさく、このまま惰性でいいんだと、つぶやいている風に見える。

ここじゃ時間が全然過ぎてかないというか。。


それを眺めながら、

一服。

小学生の時に家出をしてここまで来た時と、重機屋でのバイト帰り自転車でここを通ってた頃を、去年や先週ほどに近く感じた。

人生はあっというまだと色んな人が云うけど、これの事だよな。たぶん。

写真を撮っておこう。ここもいずれ誰かに今風に直されてしまうんだろうし。

その先にある少し広めの道を、帰る方に曲がると公園があり、そこでも一服。昔ここは噴水公園と呼ばれてて、噴水が公園の真ん中にあり、そこにアメンボなんかが浮いてたりして、タガメを見つけた時なんかは興奮したもんだ。その噴水もだいぶ前になくなって、あの震災の後にはしばらく仮設住宅が建っていた。それもなくなって、今は綺麗な公園。数ヵ月前、この綺麗な公園に車で乗り込んで練炭自殺した人がいたらしい。どこ辺りに車を停めたのだろうとぼんやり公園を見渡してみた。


たこ焼きの粉を買ってかえろうと思いつく、帰り道に丁度いつも寄る店があるのだしと。

画像9

買い終わり。水筒の熱い番茶を飲みながら歩いてたら、それに合うおにぎりが食べたくなった。

コンビニで塩むすびを買う、30円引きのセール中だったので1つ75円だった。100円で足りる買い物をしばらくぶりにしたなと思ったんだけど、よく考えれば、こっちは二十年近く100円以下で売ってる側だった。みんなもこんな気分になったりしたんだろうか。

それもいいけど、もうやめたから何度でも云うけど、駄菓子屋に行ったら皆さん沢山買ってやってくださいー!駄菓子の純利益は2.3割。100円売れて、そこから仕入れ代、袋代、家賃、光熱費など諸々引いたら純利益10円と思ってもらってもいい。

その10円を百枚掻き集めても千円。

千円ですよー!


皆さんたくさん買ってやってくださいー!


おにぎりの塩味って美味しいと食いながら歩く、水筒の番茶を飲む、それもうまい。

そのまま家に向かって進むとJRの大きな貨物置き場に道を遮られ、鉄橋を渡って帰る。ここもここらじゃ古いところ。そろそろなくなるらしい。写真を撮る。中学の時の通学路だったし。思い出も多い。

画像2

画像3

画像4

疲れてきたんで、楽天の球場の前のベンチに座る。

画像5

店に帰る。


12月4日の日記終了。

12月5日

昨日は母方の祖父の墓参りをしてきました。歩いて家から30分の場所にあるので、散歩で行くのにも丁度いい。小雨が降っているけど傘がいるほどではない。今日は水筒にお茶、おにぎりも握って来た。


墓参りしてどこかのベンチで食べようと思ってるんだけど、こりゃ雨で濡れてるかなと思いながら歩いている。前日の日記も書いている。


タバコを買う。


途中公園があるので、ベンチが濡れているか調べたら、そんなに濡れてない。

画像6


お寺に着いたら、いつも戸が閉まっている千年観音のお堂が一般公開されていたんで、中を覗く様に入ってみた。なかなかの雰囲気、静かだ。小さな蝋燭があってそれに火をつけて拝んでいいらしい。灯をともして手をあわせる。俺の拝みスタイルは手をあわせる間、何も考えない。何も考えてないでいると自然と頭も心もすーっとなる。気持ちがよくなる。なんでだろ。と思う頃に拝み終わる。


もう少し手をあわせててもよかったけど、なんか他の事考えちゃったし、やめて祖父のお墓へ、


因みにここのお寺は祖母の従兄弟かそれに近い間柄の方がやっているお寺で、祖父も祖母もこのお寺に眠っている。祖母の実家もお寺だったらしく、俺にもお坊さんの血が少しは流れてるんだとこないだやっと気づいた。ずっと百姓(父方)の末裔だとばかり思ってた。んで父はサラリーマンになり、俺は自営業。弟も妹も自営業。

まあ、そんな事考えてないでと手をあわせる。得意の何もかんがえないスタイルです。

お線香の香り。

千年観音の小さな蝋燭がまだ燃えてたら、もう一度寄ろうと覗いたけど、消えていた。

画像7

その隣の大きめなお地蔵さん(なのかな?)に手をあわせてみた。たぶん水子のためのモノだと聞いてたような、聞いてなかったような、まあいいかと何もかんがえない。ここではお賽銭が出きるんで100円をいれてみた。五円や十円がなかったんだった。

因みにあべのぼるの「何も考えない」は名曲です。おれもいつかここまで達観できるのだろうか。無理かも。この曲に俺の拝みスタイルは結構影響を受けています。よかったら聞いてみてくださいね↓


曲といえば、
昨日少しいい事があった、お寺を出ておにぎりを食べるベンチに向かう途中、自然とスティービーワンダーの曲のメロディーが浮かびあがって、心の中で唄ってたんだけど。たしか「朝日があたる場所」だったかな、十代から二十代の頃によく聞いてた曲で、当時の雰囲気をまるまる思い出して嬉しくなった。ふと、たぶん三度も手をあわせたのが俺にはどこかよかったのだと唄いながら感じた。なんの関連性もないけどたぶん関係してるんだと思った。何かと何かがどこでどう関係してるかなんて脳科学者だって全部わかってないだろう。それを神様仏様からのプレだと思えばなかなか素敵な曲だし、そんな風に思ってみて心地よくなった。

店に帰って来て、夜になって、来てた友達とお酒を飲みながらもう一度聞きました。↓

画像8


因みに今日も12月6日も散歩をしてきた、おにぎりは鱈子を焼いたやつ、お茶はほうじ茶。うっす。

終わり。

もし気に入りましたいいねください。たぶんnoteに登録してなくても押せます!よろしくお願いします。


この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

店での暇な時間を見つけていろいろ書いてみます。楽しい。 よしぎの、  駄菓子屋をしてたんですがやめました。いろいろ失敗して2019年からまた同じ場所で店してます。駄菓子もちょっと置いてます。コーヒー、かき氷、缶ビール、絵、他。宮城県仙台市

ありがとうございます!
18
店名「よしぎの」 仙台市宮城野区五輪1-11-12

こちらでもピックアップされています

ヨシギノプロ日記
ヨシギノプロ日記
  • 34本

ヨシギノプロの暮らしを書いていくマガジン。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。