見出し画像

令和5年度東京都手をつなぐ育成会大会にお招きいただきました

社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会さんが4年ぶりに1日通しての大会を開催され、その式典にお招きいただきました。東京都や区市の関連部局、東京都議会、関連団体、特別支援学校、地域法人協議会、そして他県の育成会からも来賓として招かれていました。

開会宣言後、会長あいさつのなかで「虐待防止のクレド」が紹介されました。その中の6番目「幸せな支援者であること」について、そのあとに続いた来賓祝辞で多くの方が語られていたのが印象的でした。

知的障害のある子の親は「家族」という役割と「支援者」という役割を担っているといえます。PTA、すなわち保護者も教職員のみなさんも、一人ひとりが大切な存在であること、その上で、育成会さんが目指す「障害があってもなくてもすべての人が安心して暮らすことのできる共生社会」の実現があるのではないかと感じました。


全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会 2023年度活動内容、および知的障害に関する情報の発信用noteです。コメントにはお返事できません、随時削除する場合もございますのでご了承ください。