見出し画像

文部科学省に令和6年度特別支援教育関係予算等に関する要望を直接提出しました。

全国特別支援教育推進連盟加盟団体からの要望をまとめて提出してまいりました。文部科学省内の会議室にて、提出する要望書について全国特別支援教育推進連盟加盟理事長の岩井先生よりご説明ののち、各団体の予算要望について2~3分程度でまとめてお話する時間をいただきました。

全知P連の予算要望書はホームページで随時公開いたしますのでご確認ください。なお、同じく全国特別支援教育推進連盟を通して、厚生労働省・こども家庭庁にも令和6年度予算要望書を提出いたしました。

他団体からの直接のご説明からは、さまざまな視点からの要望を伺うことができ、ご一緒することで改めて学ばせていただいたこともありました。

要望提出後、NPO法人全国LD親の会理事長の井上様、全国病弱虚弱教育学校PTA連合会会長の羽田様、全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会会長の有吉さまと記念写真を撮りました。(掲載許可はいただいております)

こうしたつながりが、また新たな気づきや活動につながります。オンラインの活用は、特に全知P連のように所在地が物理的に離れている場合に非常に重要ですが、思いや熱量を伝えるには、やはり対面の機会が大事だと再認識しました。


全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会 2023年度活動内容、および知的障害に関する情報の発信用noteです。コメントにはお返事できません、随時削除する場合もございますのでご了承ください。