−1分で読める毎日記事−

村上如水。演出家。舞台業界を横につなげる。

都合の良い相手を作らないこと

リーディングの稽古をしていて、台本を読みながらちょくちょく目線を何もない空間に向けているのを見る時ががあるのだけど、何を見ているのだろうか。きっと、作品に出てく...

言葉を起こして役に入る

台本の構造を立体化させてテーマや大切な流れを読み取り 単語まで細分化させて伝えたいことばを理解し 役の「役割」を捕まえる(何の象徴なのか理解する) これが基本で...

初春大歌舞伎

1月の歌舞伎座夜の部に行ってきました。演目は、五斗三番叟、連獅子、鰯売り。それぞれ高麗屋、澤瀉屋、中村屋。白鸚さんの酔踊りは味があって、酒を食べる度に酔っていく...

伝える力

本公演の稽古が始まりました。早速若手が苦戦しているのを見る(僕も若手)一葉の文体に挑戦するのは慣れていないと難しいとは思うけれど、歌舞伎台本や上田秋成よりまだ読...

一葉の日々

演劇倶楽部『座』一葉の日々、本日より稽古開始です。演出助手で担当しています。

ゲーミフィケーションの続き

多様性が膨れ上がって名詞化がおいついていないため平等に対して病的になってきている現代でもヒエラルキーをつくることはネガティブになることはない。成果に応じた等級を...