南京渋多(プロテスティア)

1937年の南京攻略戦について、【趣味】で調べたりしております。その【目的】としては、現在のアカデミックやジャーナリズムなどでの【主流】である、【加虐史観】に対して、それで良いのか?という観点から異論・反論をしております。別にブログ【南京渋多(プロテスティア)のさめざめ】有。

南京渋多(プロテスティア)

1937年の南京攻略戦について、【趣味】で調べたりしております。その【目的】としては、現在のアカデミックやジャーナリズムなどでの【主流】である、【加虐史観】に対して、それで良いのか?という観点から異論・反論をしております。別にブログ【南京渋多(プロテスティア)のさめざめ】有。

    マガジン

    最近の記事

    南京大虐殺、南京事件の30万人虐殺説を【肯定主張】するのはいいのだけれど、論点を整理するためにも【エビデンス】を示す【史料】は必要なのですな。 その上で議論をする必要があります。つまり埋葬記録の実証性を論じる必要があるのですな。肯定派の方は論点と史料の提示が未熟と考えます。

      • 何故、こんな風になるかというと学術界が【歴史学界のマルクス史観という政治的な支配からの構築】に立脚した上での話であって、低い水準認識で事実認識が出来ていない証左なのです。何時までも素人にまで【反駁】され続けるのです。【学術界の政治的意向】と【事実は別物】という証左なのです。

        • パーラー復活したのかな?

          • 戦闘があった以上は【捕虜】の殺害もあり得る話だが、それを【戦争犯罪】と認定することとは別物であり、【認定する】には【そのケース】と【その事実】を【立証】する必要がある。 それを怠ってきたのが【南京大虐殺肯定派の歴史学界】だろう。それを【事実】として何ら認識する必要はない。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 歴史修正主義とは
            南京渋多(プロテスティア)
          • 極東国際軍事裁判
            南京渋多(プロテスティア)
          • 国際法・戦時国際法
            南京渋多(プロテスティア)
          • 中学生・高校生に伝えたい事
            南京渋多(プロテスティア)
          • 『南京事件(虐殺用語使用者)』のおかしな所シリーズ
            南京渋多(プロテスティア)
          • 戦時宣伝・プロパガンダ・メディア
            南京渋多(プロテスティア)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            国際的な認知が、必ずしも【事実】とは限らない。国際社会の【世論】が全て正しいとは限らない。 それを例示してくれるのがこの1937年の南京攻略戦に於ける【南京事件】である。

            信夫淳平氏がというよりも、国際法に於ける解釈が間違っているのですな。そのような恥知らずな行為は【騎士道】にもとるのですよ。 戦闘地での私服がというのは主張を理解してないのですな。私服なって逃走潜伏する行為を【戦意有・捕虜の資格無し】と考えるわけです。 論点の刷り替えもいいところ。

            【戦闘で、攻撃をするだけして、便衣に替えると攻撃されない。又は退却時は必ず武器を公然と見えないようにして便衣で退却する。すると攻撃されない。攻撃すると陸戦法規慣例に違反するから。】と述べて居られます。そんな事を言っていて恥ずかしく無いのかな?

            弁護側が南京暴虐事件そのものを係争しなかった為に起こった馬鹿げた認識なのですがね。東京裁判関連文献を読めば弁護側の困難な事情を忖度できるのですがね。さらに判事による事実認定と証拠評価でも不公正が行われているので、訴因55をあげつらっても何ら事実とは異なるのが事実のなのですがね。

            現在の国際法(ローマ規定)での【戦争犯罪】認定は、【故意】又は【そう成る可能性への認識】が【犯罪】成立根拠と成る。 13師団山田旅団の幕府山事件のケースも【処刑】又は【偶発事件】かは小野賢二氏の史料からすら明確ではない。因みに当時【戦争犯罪】は存在しない。

            上海戦からの一連の流れで南京攻略戦は行われている。故に日本軍が便衣と成って逃走潜伏した兵士を便衣隊行動を行う敵意ありと見るのは当然である。しかも、彼らは日本軍に降伏・投降したのではない。欧米人に隠匿を頼んだのである。つまりこれは敵対行為と呼べるもの。これを鹵獲して誅殺は可能。

            この在日朝鮮人の方は、戦時国際法が航空機からの爆撃を【容認している】時点で、一般人の巻き添えは止む得ない信号機で言うと【黄色】に相当すると言う事が理解出来ないらしい。 便衣兵についても報復の時間的明記は存在しない。上海戦での便衣隊の戦闘を踏まえれば止むを得無いのである。

            「ダッハウの虐殺」と何故【南京事件】が同一視されるのかよく判らない。日本軍が【組織的】に【捕虜】を殺害していたと言う事も立証されていない。戦闘法規上便衣兵には【捕虜と成る】の権限はない。何故【断言】出来るのか不思議だ。春になって白昼夢でも見ているのか?

            無いものは出せない。英語版wikiの画像には遺体の画像があるけれど戦闘が行われていた以上は戦死した遺体があるのは当然なのですな。 しかし、それらがこの佐藤成る人物の定義する【虐殺】であると【立証】出来ている画像は存在しないのですな。単なる願望から来る想像に過ぎません。あしからず。

            人権を用いる人が、人権など全く意に介していないなどと云うことは良くある。東京裁判など、世界人権宣言に照らしてみれば、あきらかに人権無視の不法・不当裁判だろうが。人権団体や平和団体の連中にはこの手の連中が多い。

            何故、日本軍が南京攻略へ向けて進軍したのが駄目なんだろうかね。 では、イラクの首都を陥落させてイラクの政権を破壊したのに、何故アメリカを初めとする多国籍軍は【戦犯】として裁かれないのかね? 講和が成立しない以上は、攻略するのは自然行為。日本軍のみ駄目だというのは悪魔化に過ぎない。

            ウィグル人問題は、ジェノサイド条約違反の【疑い】がある。しかし、主権国家を越えて捜査できる警察権限を有する組織は地球上には存在しない。そして保護する責任も確立していない。そしてその【疑い】には【戦時宣伝】も含まれる。国際社会の無責任が溢れ出ている。