新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【放送後記】Insight Tokyo #1

いやー、とにかく楽しかった。
それが率直な感想です。

たくさんの方に参加していただけて、とてもうれしかったです。
しんゆうさんが言い出してくれて、開催までこぎつけることができて本当によかったです(しんゆうさん、発表したくてうずうずしていたと思いますが、ぜひ次回お願いしますw)。

よかったこと

新型コロナウイルスの影響でオンライン配信に切り替えたわけですが、これが結果としていろいろなメリットに気づけてよかったです。
夜のイベントになかなか参加できない人が参加できたり、東京周辺の人以外でも参加できたり、会場の制限がないのでたくさんの人に見てもらえたりできたこととか。

あとはInsight Tokyoの主旨である、定性と定量の融合だったり、職種間の相互理解だったり、そのきっかけをつくるための第1回になったかなと思います。

反省点

リアルイベントのつもりで話を進めていたことや登壇者に偏りが出ないようにデータ分析系2人 / UXリサーチ系2人でバランスを取ろうと思っていたこと、そんな中で急遽オンライン配信に切り替えたこともあってイベントの全体設計が中途半端になってしまったかなと感じています。
オンラインだから1時間くらいがいいかなと思ったので人数そのままに時間を各発表10分にしてもらったのですが、どの登壇者の方々ももっと話が聞きたくなるような内容ばかりだったので人数を減らして時間を増やしてもよかったのかなと思います(ツイッターでもっとゆっくり話してほしいっていう要望をもらってたんですが、これは登壇者の方ががんばって時間内におさめようとしてくれたということなので、次回はイベント設計の部分で改善します)。

このほかにもいろいろな気づきがあったので、運営メンバーと反省会をして次回以降に生かしていきたいと思います。

ちょっと裏話

ぼくは今回、司会進行とファシリテーターみたいな役割だったんですが、裏側で @mskmrym さんがめちゃくちゃサポートしてくれてて、特に質疑応答のコーナーでは、ツイッターで寄せられた質問を登壇者ごとにグルーピングして用意してくれていて、配信上ではぼくがいい感じに質問を選んでいるように見えたかもしれないですが、@mskmrym さんが用意してくれたものをそれっぽく読んだだけですw
しかも、配信が始まったあとにやった方がよさそうとなってからの対応だったので、とてもありがたかったです。

あと今回、配信に踏み切れたのもYouTuberの @basara669 さんがいたからというのもあります。オンライン配信も最初は登壇者は1つの場所に集まって、ニュース番組のような感じにしようと思っていたのですが、諸々の事情で全員遠隔からの発表としました。映像に関する配慮を最後までしてもらってとても頼もしかったです。世の中が落ち着いたら、配信形式もいろいろ試していきたいです。

あとやっぱりロゴとかバナーのちゃんとしたものがほしいということで、@ag_ayakan さんに作成を依頼して、絶賛作成中です。第2回目のときにはお披露目できると思うので楽しみにしていてください。ちょっと途中段階のものを見せてもらったんですが、めちゃくちゃいいです。

資料など

みなさんお忙しい中、資料作りと発表の対応ありがとうございました。映像のアーカイブは公開しないので以下の資料を参考にしてください。
ぼくもいろいろやりながら聞いていたので、あとでじっくり読み直そうと思います。
この4人とまた何かテーマを複数決めてパネルディスカッションするのもおもしろそう!今回の登壇をノリよく引き受けてくれてありがとうございました!

まとめ

こうやっていろいろな人とつながることができて、今回のようなイベントができることが本当に楽しいなと感じています。
また、第2回をすぐに開きたい気持ちでいっぱいです。
あとInsight Tokyoの大きなテーマである「ユーザーのことをもっと知りたい」想いがいろんなところで実現できるきっかけになればいいなと思います。

振り返ってみると、ツイッターのつながりでいろんな仲間が集まってきてくれたと思います。ぼくとツイッターでつながってもらえると、もっと楽しいことができるかもしれないので、よろしくお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただきありがとうございます! いただいたサポートは、Insight Tokyoなどコミュニティ活動を継続するために使わせていただきます!ぜひサポートしていただけるとうれしいです。

わーい!ツイッターもフォローしてもらえるとうれしいです!
18
hey / STORESで働いています。

こちらでもピックアップされています

ユーザーのことを理解する 記事まとめ
ユーザーのことを理解する 記事まとめ
  • 10本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。