写真_2020-01-09_17_19_58

新春の京都で思い出巡りポタリング②祇園(2020.01.09 15km)

思わぬアップダウンな京の街

ようやく自転車にまたがり、まずは祇園方面へ。今回の京都行きの目標は実は2つあり、その1つが祇園方面にある。

鴨川から西側は、山に向かっていく地域。じわっとアップダウンがきつくなる。京都って「盆地」なので、基本は真っ平ら。だからこそノボリがキツく感じちゃう

写真 2020-01-09 17 19 58

ふらふらしていると、小野篁由来の「六道珍皇寺」さん(京都市東山区大和大路通四条下ル四丁目小松町595)が。京都はどこを歩いても名所旧跡に行き合う。住んでいた時はそれが普通で、しかも今住んでいる滋賀も同じような感じなので、すっかり慣れてしまっているけど、これってきっとすごいこと

写真で見てもこの辺りは上り坂。道も入り組んでいるので広いところを行きたいのですが… それも難しい

降りて押せば歩行者だから

実は京都って「自転車で走っちゃいけないゾーン」があり、それ以外に「自転車でなんか走れないほど人が多いゾーン」がある。裏道などを駆使しつつ、ちょっと遠回りもして、そんなゾーンを避けるのがコツ

ただ自転車って「押して歩けば歩行者」という抜け道もあるので、困ったら降りて押しちゃえばいい。いつでも「降りる」つもりでいるなら、あまり気にすることはないのかもしれない

かつては「駐輪場がない」といわれたけど、最近は少しずつ増えているし、自転車と一緒だと肩身の狭いところも多い。何よりゆっくり観光もできないし。

京都の街は意外と狭いので、駐輪場に預けてしまって、徒歩でゆっくり観光がいいような気がする。少し歩いたってそれも「観光」。サイクリングって何も「ずっと自転車じゃなきゃダメ」ってもんじゃない。安心な駐輪場と仲良くするのも、街なかサイクリングのコツ。

京都ゑびす神社さんの宵えびす

写真 2020-01-09 17 20 00

「日本三大ゑびす」のひとつにも数えられる由緒正しいえべっさん「京都ゑびす神社」さん(京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125)

普段、何回か来たときには「賑わっている」とは言い難い風情だったけど、さすがに十日えびすは違う! 福笹を求める人で大渋滞だし、周囲にはすごい数の出店でお祭りムードも満点

美味しそうなものも多く、周囲をぶらぶらするだけでも十分楽しめそう

自転車と寺社巡りの親和性

寺社観光って楽しいんだけど、駅から離れたところも多く、なかなか難しい。そこで自転車(輪行)がピッタリはまる!

京都の街なかにある有名寺社や、こういう大きなお祭りで人がたくさん集まる場合には駐輪場にこまるけど、逆にバスや自家用車で行く人が多い場所なら、立派な駐輪場があったり、「その辺りに停めといて」だったりして、とくに問題もない。

自転車でふんわり寺社巡り。いろんなご利益を求めてあちこち行ってみたり、貴重な建物や仏像なんかを見たり、ときには御朱印を集めたり… そんなのも絶対楽しい


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは自転車店をもっと楽しい場所にするために使います。やりたいことはたくさんある! けど、なかなか… な部分もあり。そのためにもサポートよろしくお願いします

嬉しい!
4
2013年滋賀彦根にオープンした自転車店「侍サイクル(https://jitensyazamurai.com/db/)」。修行なし、業界経験なし、地縁なし、資産なしではじめた小さなお店。サラリーマン、フリーランスを経て別業界から転身した自分たちが考える、「自転車店」運営のお話