仲村 次朗

仲村 次朗

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    デヴィッドボウイと季節

    ――夢だから、猶生きたいのです。   あの夢のさめたように、   この夢もさめる時が来るでしょう。   その時が来るまでの間、   私は真に生きたと云える程   生きたいのです。   あなたはそう思いませんか。   (芥川龍之介「黄梁夢」1917.10) ――僕の右の目はもう一度   半透明の歯車を感じ出した。   歯車はやはりまわりながら、   次第に数を殖やして行った。   僕は頭痛がはじまることを恐れ、   枕元に本を置いたまま、   0.8グラムのヴェロナァルをのみ

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 俳句
      仲村 次朗
    • 極楽鳥
      仲村 次朗
    • 写真(滑走路)
      仲村 次朗
    • 古靴
      仲村 次朗
    • 読書メモ
      仲村 次朗
    • ウツワダンギ
      仲村 次朗

    記事

    記事をすべて見る すべて見る